掛け布団の種類を解説!理想の素材とは…?

試し寝ができる布団店冬の寒さで何度も目が覚めてしまったり、掛け布団の圧迫感で何となく寝苦しく感じていたりしませんか?ひょっとすると、それは寝具の性能が不充分なのかもしれません。可能なら、冬が来る前に寝具一式を見直して、買い換えを検討するほうが賢明でしょう。

そこで、こちらでは掛け布団の種類を素材ごとにまとめ、暖かく、寝心地の良い布団を手に入れるための基礎知識をまとめることにしました。

保温力&軽さが重要!掛け布団の選び方

掛け布団を選ぶ時に何より優先するべきことは何でしょうか?その答えは、保温力と重量の2つです。

保温力が足りなければ、冬場に寒さで目が覚めてしまうことも増えますし、そもそも掛け布団の本来的な役割を果たしているとは言えません。掛け布団を選ぶにあたっては、冷気をシャットアウトしてくれるだけの保温力を備えているかどうか…が非常に大切になります。

そして、もう1つが重量。掛け布団というのは、なるべく軽いほうが良いのです。重い布団をかぶっていると圧迫感で眠りが浅くなりますし、うっ血したようになって身体のめぐりが悪くなってしまうことも…。疲れが取れないばかりか、寝て起きたのに体調が優れず気分が悪い…といった悩みに苛まれる可能性も否定できません。

掛け布団を購入するときには、その布団が“暖かくて軽い”という2つの要素を満たしているかどうか慎重に確認していただきたいと思います。

掛け布団より、敷き布団の種類が大切!?

“寒くてよく寝られない”とか“起床時に体調が悪い”といった悩みを抱えているなら、掛け布団だけでなく敷き布団を見直したほうが良いかもしれません。

敷き布団を価格で選ぶそもそも、布団一式の保温性にもっとも大きな影響を与えているのは敷き布団だからです。保温力の低い敷き布団を使っていると、冬場に床から敷き布団を伝って冷気が上がってくることがあり、実は、これが寝冷えの根本的な原因となっていることが多いのです。なので“寒いから掛け布団を新調しようかな”と考えている場合でも、敷き布団を変えたほうが抜本的な解決に繋がる…というケースは珍しくありません。

また、眠っても元気にならない理由としては“敷き布団のクッション性が足りず、身体の節々にダメージが発生している”という場合が多く、体圧分散力に優れた敷き布団を使うことで悩みが緩和する可能性が高いのです。

もし、今の寝具に納得がいかないのであれば、掛け布団だけでなく敷き布団にも注目してみてください。

トルマリン温泉掛け布団

トルマリンを練り込んだ布団遠赤外線を放つ鉱石、トルマリンを練り込んだ綿を使用した掛け布団です。トルマリン綿の力で身体が内側から温まり、布団から出てもしばらくは暖かさが持続する…という特徴を持っています。冬場に布団から出るのが辛い…と感じている方でも、この布団ならさわやかな目覚めが迎えられるかも!?

また、重量が2.7kg〜と軽いのも大きな魅力です!

木綿掛け布団

吸湿性に優れているコットン日本で昔から布団素材として使われている木綿。吸湿性に優れており、寝汗をしっかりと吸い込んでくれるのが特徴です。放湿性に劣るため、頻繁に干す必要があるなど手間が掛かるのが弱点ですが、根強いファンも多い素材です。

こちらでは、そういったメリットとデメリットをまとめていますので、是非、ご確認ください!

羽毛掛け布団

保温力が高い羽布団掛け布団の素材としてもっともメジャーなのが羽毛です。保温力が高く、さらに軽いので、掛け布団の必要条件をしっかりと満たしているのがポイント。…ただし、羽毛布団は非常に種類が多いため、中には粗悪品、見た目ほどの保温性を持っていない製品も散見されます。例えば“羽毛布団と羽根布団の違いは?”と聞かれてまったく答えられないようでは、本当に高品質な羽毛布団を選ぶことは難しいでしょう。

こちらでは、そんな羽毛布団の選び方を1から解説しています!

羊毛掛け布団

吸湿性だけでなく放湿性にも優れている羊毛布団高級感があり、さらに保温性が高い素材といえば、ウールが挙げられます。吸湿性だけでなく放湿性にも優れているため、手入れが容易なのも大きなポイント。家で洗濯できない、湿気がこもると虫が湧く…など動物性素材ゆえの弱点も少なからず存在しますが、それを補って余りある魅力的な素材だと思います。

長く使える暖かい布団をお探しなら、羊毛布団を検討してみるのも良いでしょう。

ポリエステル掛け布団

リーズナブルな掛け布団ポリエステル素材リーズナブルな掛け布団を探していると、やはり数千円台でも豊富なラインナップが存在する化学繊維の布団に行き着くでしょう。保温性、吸湿性などは価格なり…といった部分もありますが、やはり圧倒的な安さは大きな魅力といえます。

コストパフォーマンスを最重視しているのなら、ポリエステルの化繊布団について、素材の特徴を知っておきましょう!

シルク掛け布団

高級素材シルクで作られた掛け布団高級素材で作られた掛け布団を探しているのであれば、真綿を用いたシルク掛け布団を検討してみるのも良いでしょう。保温性、吸湿性、放湿性など、あらゆる面で木綿の上位互換といった素材なので、総合力は非常に高いです。

手入れが大変だったり、湿ると虫が発生したり…と弱点も多いですが、高級感と使用感を兼ね備えた素材の1つといえます!

理想の掛け布団とは

理想の毛布とは?理想の掛け布団とはどんなものでしょうか?

①軽い
②保温性が有る
③寝心地が良い

などが選ぶ際に重要なポイントかと思います。実際に全てを満たすということは難しいですよね。もっとも近かったのがトルマリン温泉掛け布団です!

トルマリンを生地に練りこむこと保温性を担保。また、特殊な生地を使用することにより寝返りを打っても布団が体についてくる新感覚掛け布団です。ぜひ参考にしてみてください。

ピックアップ>>>3項目を満たした理想の敷き布団を見てみる