掛け布団の代表!羽毛掛け布団の特徴

保温力が高い羽布団掛け布団の素材としてもっとも人気を集めているのが、羽毛でしょう。ただ、人気素材だけあってピンからキリまで値段、機能とも様々なので、購入に際しては正しい選び方を知っておくことが大切です。

こちらでは、選び方の基礎知識、羽毛掛け布団のメリット、デメリットなどをまとめていますので、寝具を買う際の参考にしていただきたいと思います。

羽毛掛け布団の利点&欠点まとめ

それでは、羽毛掛け布団の優れた面、劣った面をそれぞれ確認していくことにしましょう。素材の特性を正しく知ることが、寝具選びの基本です。

1.保温性が高く、冬場の布団として高性能!

羽毛の隙間に大量の空気を含んでいるため、空気層が断熱材の役割を果たしてくれるのが特徴。保温性が非常に高く、寒い冬でもある程度、羽毛掛け布団だけでしのぐことが可能です。ただ、保温力は羽毛の品質に左右されるため、廉価な普及品では毛布がないと寒さを感じることも…。

2.軽く、身体を圧迫しない寝心地!

羽毛掛け布団は重量が軽いので、寝ている時に身体を圧迫しにくいのが特徴です。高級な羽毛ほど軽いので値段と軽さは比例しますが、リーズナブルな羽毛掛け布団であっても、木綿の布団に比べれば圧倒的に軽くなります。血流が低下したり、重さで寝苦しくなったりすることが少なく、寝心地を求める方に適しているといえるでしょう。

3.廉価品は羽根が飛び出てくることも…!

高品質の羽毛掛け布団であれば問題ないのですが、廉価品だと羽根、羽毛の吹き出しが発生することがあります。ちょっとした縫い目のほつれ、針穴程度でも羽根がどんどん出てきてしまうので、粗悪な縫製だと中身の羽根が徐々に減ってしまうのです。羽毛量が減るにつれて保温力も落ちていきますので、そういったトラブルの起きにくい日本製の製品を選ぶのがオススメ。

以上のように、軽く保温力が高い羽毛布団ですが、値段と品質が比例するため、あまり安い廉価品に手を出すと失敗することも…。購入時は、長く使っていける品質かどうかを入念に確認する必要があるといえるでしょう。

必見!高品質な羽毛布団の選び方

高品質な羽毛布団の選び方羽毛掛け布団を選ぶ上で絶対に知っておきたいのが“羽毛布団”と“羽根布団”の違いです。

羽毛というのは水鳥の胸毛にあたり、別名をダウンといってタンポポの綿毛状になったもの、一方、羽根というのは別名フェザーで、芯と毛で構成された普通の羽根です。厳密に言うと、羽毛布団というのは、ダウンが50%以上の布団だけを指し、フェザーが50%以上なら羽根布団になります。羽毛のほうが空気をたくさん含んでいて軽く、機能性に優れていますので、出来るだけ本物の羽毛布団を選んだほうが、保温性、軽さといったメリットは大きくなるでしょう。

また、ほぼ同じ品質の布団を比べる場合、四つ折りにした時により厚みが大きいものが空気をたくさん含んだ保温性の高い布団です。実物を触れる状態で比較する際には、是非、この方法を試してみてください。

まとめ〜羽毛掛け布団は優秀な天然素材

冬場の掛け布団としてメジャーな素材の1つである羽毛布団は、保温力、軽さに優れており、天然素材としてはもっとも優秀な掛け布団といえます。ただ、多くの製品が出回っているがゆえに廉価な粗悪品も多く、選び方が難しいのも事実です。羽毛布団と羽根布団の違い、四つ折りにしてかさ高を比較する選択法など、掛け布団に関する基礎知識を仕入れた上で布団屋さんに赴き、実物を見比べることが大切だと思います。

ピックアップ>>>他の種類の掛け布団を見てみる