睡眠時間を確保!体力をもどす方法とは

短い睡眠時間で体力を充分に戻したい短い睡眠時間で体力を充分に戻したい…、なぜか早朝に目覚めてしまい睡眠不足になってしまう…といった悩みを緩和したいと思いませんか?こちらでは健康的な睡眠時間をしっかりと確保するための方法、あるいは適度な時間で体力を戻す熟睡習慣について考えていくことにしましょう。

良質な睡眠は、健康の第一歩!活力ある人生を送るためには、正しい眠りを確保しなければなりません。熟睡するために何をするべきなのか、あなたが求めている答がここにあります!

目覚めが良くなる方法!良質な睡眠時間を得る秘訣

多忙で睡眠時間が長く取れない方、時間はあるのに早朝に目が覚める方、目覚めが悪く極端に朝が弱い方…、あるいは布団に入ってもなかなか寝付けない方…、睡眠に関する悩みは多岐にわたります。こういった悩みがある場合、睡眠環境に何らかの問題がある可能性が高いでしょう。

原因は大きく2つに分かれており、“熟睡度が低い”または“入眠を妨げる要因に気づいていない”のいずれかである場合が多いのですが、これら2つの原因にも連動性があるため、最終的な対策としては睡眠環境を整える…という一点に集約されます。

それでは睡眠環境を向上させる3つの秘訣を見てみましょう!

  • 睡眠時の姿勢を整える寝具を使う!
  • 熱源を用いずに眠れる布団を探す!
  • 就寝前後の行動パターンを見直す!

眠っても体力が元に戻らない…というのであれば、寝具、冬場の暖房器具、寝床の使い方…などを総合的に見直す必要ありです。あまり知られていない快眠の秘訣について、意外な真実をお届けしたいと思います。

睡眠時の寝姿勢が熟睡度を決める!?

柔らかすぎる布団と硬過ぎる布団柔らかすぎる布団に寝ていると、体重が集中する肩甲骨、腰の部分がクッションに沈みこみ、前屈した不自然な姿勢になってしまいます。この状態では寝ていても不快感を覚えますから、何度も寝返りを打とうとして、脳が一瞬目覚めてしまうのです。これでは深い眠りであるノンレム睡眠が妨げられ、熟睡度が不充分に…。

また、薄いせんべい布団に寝ている場合、クッション性が不足しており身体の一部に痛み、痺れが生じます。この場合も、やはり寝返りが増え、ぐっすりと熟睡するのが困難になるでしょう。

こういった問題を緩和するためには、睡眠時の姿勢を正してくれる体圧分散に優れた敷布団が必要。特に、クッション材が凹凸形状になっている製品がベストです。こういった敷布団であれば、突起部分が均等に体重を支えるため、特定箇所に負担がかかったり、うっ血して痺れたり…といった心配がありません。

電気毛布、あんかなどの熱源はNG!?

冬場の寒さをしのぐために電気毛布、あんかといった熱源を使用する方は非常に多いですが、これは熟睡度を下げる要因になってしまいます。

…というのも、人間の身体は睡眠時に体温を下げることで身体の機能を落とし、全身を休める性質があるから。睡眠中に限っては、熱源によって体温が強制的に上げられてしまう…という状況は好ましくないのです。

熟睡するためには、熱源を用いる“加熱”ではなく、本人の体温を維持する“保温”を行わなければなりません。そこで、熱源は一切用いず、遠赤外線のサポートで保温するトルマリン練り込み綿を入れた敷布団、あるいは大量の羊毛、羽毛を断熱材として入れた敷布団を使うのがオススメ。

ただ、羊毛や羽毛は柔らかい素材なので、上述の“体圧分散”については不安が残ります。どちらかといえば、トルマリン綿を使った硬めの敷布団が、ベターでしょう。

意外と気づかないNG習慣を取り除く!

就寝前はリラックスまた、就寝前後の習慣にも注意が必要。人間はかなり多くの部分をメンタル、脳の認識に頼っているため、睡眠を妨げる習慣を直さないままでいると…熟睡度が大幅ダウンしてしまう可能性があるのです。

代表的なNG習慣は、寝る前に布団の中で読書、調べ物など、頭を使う作業を行うこと。これが癖になると、脳が“ここは作業場所である”と認識してしまい、布団に入ると反射的に目が冴える…という最悪の状況に陥ってしまいます。基本的に眠るとき意外は寝床に入らないほうが、脳に“ここは眠る場所”と認識させるためにはベストなのです。

同様に目が覚めたら早々に寝床から離れることも大切。とにかく、寝る場所と活動する場所を明確に分けることが熟睡のカギになります。

まとめ〜自然な寝姿勢&暖かさで良質な睡眠時間GET!

良質な睡眠を実現するためには、寝姿勢と保温方法の2つが特に重要です。柔らかすぎる布団、クッション不足の布団では不自然な寝姿勢になりがちですし、電気毛布などの熱源を用いると強制的に活動時の高い体温に導かれてしまいます。熟睡するためには、偏りのない楽な姿勢で、さらに自分の体温をベースとした優しい保温力に身を包むことが絶対条件なのです。以上から、良質な睡眠を手に入れるためには、体圧分散力に優れており、かつ保温力に優れた敷布団を用いるのがオススメです!

ピックアップ>>>布団を変えて良質な睡眠時間を確保!