受験生の疲労を回復!理想的な布団とは!?

受験勉強に最適な布団を選ぶ人生には多くの岐路がありますが、若い時代に訪れる最大のイベントとしては、高校受験、大学受験が挙げられます。もちろん最終的には勉強量が結果を分かつのでしょうが、少しでも勉強量、記憶の効率を高めるためには“いかに効率よく体力回復するか”という点を軽視することはできません。

そこで、こちらでは少しでも疲れを取るための布団を探すための基礎知識をまとめています。受験のためにより良い寝具を…とお考えの親御さん、あるいは受験生本人の参考になれば幸いです。

知っておきたい3つのポイント〜受験布団の選び方

それでは、受験生に適した布団を探す上で重視するべき3つのポイントをお伝えしたいと思います。少しでも効率よく、疲れた頭と身体を癒やしてくれる布団で、受験戦争に勝ち残りましょう。

1.硬めのクッションを使った敷き布団!

受験年度は、どうしても睡眠時間が短くなりがちです。
さすがに昔のベビーブーム世代のように“三当四落(3時間睡眠で勉強すれば受かり、4時間以上も寝ているようでは落ちるという意味)”という時代ではなくなりましたが、やはり毎日充分な睡眠を取っている余裕はないでしょう。
そうなると、いかに短時間で熟睡するか…という部分が最大のポイントになります。
そこで、オススメなのが硬めのクッション材を用いた敷き布団。柔らかすぎる布団は身体が埋もれたり、背筋が曲がったりしやすい上、寝返りを打つのに体力を使ってしまうため一時的に脳が覚醒してしまうからです。やや硬めの布団であれば、そういった問題が少なく、熟睡度が向上します。

2.体圧分散力に優れた敷き布団!

朝起きた時に身体の節々が痛む…といった経験は誰にでもあるでしょう。これは、布団のクッションが体重を支え切れておらず、身体の一部がクッションを潰して床まで到達していることが理由。要するに、部分的には“床に寝ているのと大差ない状態”になっているわけです。体圧分散の優れた布団は、特定箇所だけに体重が集中しない構造なので、こういった現象が起こりづらいのです。
身体が痛んでいては睡眠も浅くなりますし、寝起きに身体がきしむようでは“起きてすぐに勉強しよう”というモチベーションも奪われてしまうでしょう。是非、体圧分散に注目した布団選びをしてみてください。

3.保温力に優れた暖かい布団!

熟睡を妨げる要因としては、冬の寒さが挙げられます。加えて、受験本番は真冬ですから、寝ている間に身体を冷やしてしまうことは、受験シーズンの体調悪化に直結してしまうでしょう。
受験当日は緊張するはずですから、その上、お腹を冷やしているようなことがあれば、試験中に腹痛を起こす…といった恐れもあります。
そういった問題を考えると、受験年度に使うのであれば保温力に優れた布団を選ぶべきでしょう。実は、寝冷えの主原因は床から伝わる冷気なので、特に敷き布団の保温性にこだわるのがポイントです。

以上から、受験生の布団は“適度な硬さ”“体圧分散力”そして“保温性”という3つのポイントを重視して選ぶべきでしょう。
学力そのものは本人の努力によって向上するしかありませんが、その努力をサポートするためには寝具選びが大きな意味を持つのです。

まとめ〜受験生をサポートする万能布団!

受験年度に、少しでも良質な睡眠を取らせようと布団を買い替えるケースはかなり多いようです。もし、受験布団の購入を考えているなら、寝返りを打ちやすい硬めのクッション材を使った布団で熟睡度を上げることを主眼においてください。
それに加えて、寝ている時に自然な姿勢を保てる凹凸形状の敷き布団、そして保温力に優れた素材…という要素を備えていれば、受験生の布団として理想的です。

ピックアップ>>>機能性に優れた理想の布団を探す!