普及品の敷き布団にも多用される綿混!

敷き布団にも多用される綿混こちらでは、最近の敷き布団に非常に多く用いられている素材、綿混紡について解説してまいりたいと思います。

ネット通販などでは、綿混の布団も“木綿布団”というカテゴリーの中で扱われていることが多く、木綿とほとんど一緒…という捉え方をしている人も多いようですね。確かに木綿と化学繊維を混ぜたものなので、木綿と同じ特徴が当てはまる部分もありますが“全部が全部、木綿と同じ”というわけではありません。

せっかくの機会ですから、ここで木綿100%との違いも含め、綿混の敷き布団について、メリット、デメリットを知っておきませんか?

クッション性を重視するなら綿混がベター!?

一般的に消費者は“綿100%”と書かれている製品のほうが高級…と捉えますし、実際、値段は綿100%の製品のほうが高い場合が多いです。しかし、実はクッション性に関しては綿混素材のほうが木綿100%より勝っているのをご存じでしょうか?特に綿70%、ポリエステル30%という比率で配合した製品は、弾力、かさ高に優れており、腰や肩が沈みこんでしまう“底つき”が発生しにくくなります。

薄い木綿布団では、寝ている時に体重が集中しやすい腰や肩が沈んで、クッションを完全に押しつぶしてしまい、間接的に床に接触してしまうケースがあるのです。これでは、腰や肩に負担がかかり、痛みやコリの原因になることも…。

以上の理由から、クッション性重視で安価な布団を探している場合、綿混紡の製品を選ぶほうがベターということもあるのです。

綿混紡の弱点は吸湿性…!?

個々人のニーズで選ぶ敷き布団ただし、もちろん綿100%に比べて劣る部分というのも存在します。それは敷き布団の吸湿性。敷き布団が持っている大切な役割の1つに、寝ている時の汗を吸収し、布団表面をサラサラに保つ…というものがあります。

綿とポリエステルの混紡にすると、木綿100%の布団に比べて吸湿性は落ちてしまいますので、この“布団の表面をサラサラに保つ”という能力は低下するのです。

以上の理由から、汗っかきな方、布団表面のサラサラ感を重視する方…の場合、綿混紡はあまり向いていないと言わざるを得ません。敷き布団の素材は一概に“これが良い!”と判断できるものではなく、個々人のニーズによって向き不向きがありますから、総合的な観点で選ぶことが大切です。

ピックアップ>>>綿混紡以外の素材も見てみる

まとめ〜クッション性に優れる綿混紡

綿混を用いた敷き布団は、綿100%の製品に比べてクッション性に優れています。なので、腰や肩の“底つき感”が気になっている方であれば、木綿布団より快適に寝られる可能性が高いでしょう。ただし、クッション性もっとも高くなるのはポリエステルを30%ほど配合した綿混紡の場合。この比率が変わってしまうと、充分な弾力を実感することができませんので、必ず配合している素材および比率を確認してから購入するようにしてください。ポリエステル以外の化学繊維を配合している製品、または“ポリエステル3割”と異なる配合比率の製品はあまりオススメできません。

ピックアップ>>>綿混紡以外の素材も見てみる