防ダニ布団比較集!防ダニ効果のある布団が人気な理由!

防ダニ効果のある布団ダニは、家のあちこち潜んでおり、人の健康を蝕むアレルゲンとして暗躍します。さすがに衛生状態が良い日本では稀なケースですが、中にはツツガムシ病、ライム病といった人獣共通の疾病、日本紅斑熱などの疾病を媒介する品種もおり、私たちの健康を脅かす恐ろしい存在の1つ。

ここでは、布団に住みつき、アレルゲンとして痒み、咳などを引き起こしかねないダニから身を守るための方策をお伝えしています。寝具の衛生状態を正しく管理し、健康的な睡眠を確保するための基礎知識がふんだんに含まれていますので、是非ともご一読の上、参考にしていただければと思います!

ダニは死骸と糞にも要注意!

また、ダニというのは生きている個体だけでなく、死骸、糞までもがアレルゲンとなりますので注意が必要です。また、ハウスダストの中に生息するダニを捕らえて食べるツメダニという品種のダニが偶然に人間を刺すケースがあるなど、予期しない2次被害が発生することも…。

こういったケースを踏まえれば、直接的に害をなすダニだけでなく、布団に入り込む可能性がある全てのダニは、リスクファクターとなり得ることに疑いの余地はありません。健康的な睡眠を取るために、布団の防ダニ対策は避けて通れない問題なのです!

それでは、ここからは具体的なダニ対策について細かく見ていくことにしましょう。ダニをはじめとするアレルゲンを撃退するには6つの対策をしっかりと守ることが、何よりの早道です。

天日干しによる防ダニ対策

天日干しによる防ダニ対策一般的に行われている布団の衛生管理といえば、やはり天日干しです。内部の湿気が放出されてクッション性が快復することから、寝心地アップにも繋がり、多くの方が週に2〜3回ほどの天日干しを行っていますね。

しかし、ダニ対策という観点から考えると、これだけでは力不足。天日干しにプラスアルファの工夫を加えることでダニを一気に撃退することが可能になります。すでに発生しているダニを駆除したいなら、天日干しに関連する新対策を試してみては?

掃除機を使ったダニ対策

掃除機を使ったダニ対策布団の表面に掃除機をかけることで、ダニを減少させることが可能と言われています。近年では布団用のノズルなども付属することが多くなり、天日干しに次いでメジャーな衛生管理として定着してきました。

こちらでは、通常の掃除機による手入れにもう一手間加えて、ダニの大半を一網打尽するテクニックを紹介しています。よりキレイな布団で眠りたいのなら、掃除機だけでは実現できない徹底的なダニ駆除が必要!

アレルゲンを減らすための対策

アレルゲンを減らすための対策ダニというのは布団に付着する代表的なアレルゲンの1つです。そこで、こちらではダニ、ハウスダストに敏感な方のため、アレルゲンを限りなくゼロに近づけるための方策を徹底解説することにしました。

呼吸時に吸い込んでしまう吸入アレルゲン、皮膚に影響を及ぼす接触アレルゲンなど、原因物質の種類別に詳しい対策法を紹介しています!

ハウスダストを除去するための対策

ハウスダストを除去するための対策防ダニ布団、防ハウスダスト布団といった製品も増えてきていますが、こういった素材の特性だけに頼ってしまうのは考え物。いくら素材が優れていても、まったく手入れをしなければ、やはりハウスダストは付着していまいます。

こちらでは、ハウスダストを徹底的に減らすための対策を具体的に解説していますので、呼吸器が弱い方などはまず、こちらをチェックしてみては?

防ダニシーツの威力を徹底検証

防ダニシーツの威力布団そのものに防ダニ機能がついていない場合の選択肢として、防ダニシーツの使用が挙げられます。しかし、シーツだけでどのようにダニの侵入を防いでいるのかを詳しくご存じの方は少ないでしょう。

ここでは防ダニシーツのメカニズムを徹底解説し、より高機能なシーツを選択するための基礎知識を紹介しています!

結露によるカビ&ダニ発生を予防する方法

結露によるカビ&ダニ発生を予防する冬場、布団に染みこんだ汗が蒸気となり、その後に床の冷気によって水に戻ってしまう…という結露が発生することがあります。結露によって水分を含んだ布団は、カビ、ダニの温床になってしまう危険性が…。

ここでは結露を防いで、ダニやカビの害を最小限に抑えるための予備知識を余すところなく紹介。365日、すっきりと乾いた布団で寝るための秘策とは?

まとめ〜布団ダニ対策の基本は素材にある!?

アレルゲンとして私たちの健康を脅かすダニは、正しい手入れによって除去することが可能です。しかし、こまめに手入れを行うのは時間的にも、労力的にも困難…。出来ることなら、強力な防ダニ機能を持った布団を選びたいところです。もちろん、性能を過信しすぎて手入れを怠るのはNGですが、やはりダニが嫌う素材で作られている布団であれば、発生率は大きく減少します。特にオススメなのは、トルマリンというダニが嫌う鉱物を練り込んだ綿。人体への悪影響もなく、保温効果も高いため、非常に有用な対策といえます!

ピックアップ>>>防ダニ対策の施された布団を見る