暑さの和らぐ秋!布団のケアはどうする!?

秋の布団選び季節に応じて、オススメの寝具、布団の手入れ方法は変わってきます。そこで、こちらでは暑さも和らぎ、湿気も落ち着いてきた秋の推奨寝具、布団ケア法についてまとめました。秋から寝具を新調される方、夏を乗り越えた布団の手入れをされる方は、是非とも参考にしてください。

夏、冬といった極端な気候の季節に比べると布団について考えることが少ない時期かもしれませんが、夏を終えたばかりの布団には、夏場にかいた汗、暑い時期に繁殖した雑菌などが大量に含まれていることも…。穏やかな気候だからと安心せず、しっかりと布団のケアをしてあげましょう。

秋口は布団の大掃除!夏を越えた布団をいたわる方法

アレルゲンを減らすための対策私たちを悩ませるアレルゲンといえば、春先のスギ花粉、ヒノキ花粉が代表例ですが、実は秋にも布団から生じるアレルゲンが私たちの体調を脅かすのをご存知でしょうか。そのアレルゲンとは、カビ、雑菌、そしてダニの死骸といった物質です。

夏の間、大量の汗を養分に増殖したカビ、雑菌、ダニが高温多湿な気候の中でさらに増え続け、もっとも増量している時期が秋口なのです。まだまだ9月などは暑い日も多く、減る気配は見せません。また、ダニは3ヶ月程度の寿命しか持たないので、夏が終わるころどんどん死んでいき、死骸となって強力なアレルゲンになります。まさに秋口は、アレルゲンの跋扈する、年間でもっとも脅威の大きい季節の1つなのです。

こういったアレルゲンを除去するため、秋に入ったら、掃除機を使用して布団の表面、さらには中綿にかけて掃除をすることが必須。丸洗い可能な材質の布団を使っているなら、布団クリーニングの専門業者に依頼して、全体を洗っても良いでしょう。こういった方法を取らないと、秋のアレルゲンで体調が一気に下降する可能性も否定できません。

オススメの寝具組み合わせ~秋の気温変化に対応する方法

また、秋は9月が暑く、11月は寒い…、10月頃は温暖な日と寒い日が当たり前のように交互に訪れるなど、寒暖差が激しい季節でもあります。アレルゲンに加えて、この問題にも対処できる寝具を使わないと、すぐに体調を崩してしまいます。

具体的には、暑すぎず、寒すぎずの素材で作られた布団を選ぶことが重要。要するに、どんな気温にもある程度は対応できる…という万能素材がオススメなのです。

具体的には、保温性、通気性がともに水準以上の万能型の布団。通気性によって余分な熱を逃がしつつも、一定の保温性を確保できれば良いわけです。具体的には、保温力が高いのに余分な熱を感じないトルマリン綿の掛け布団、品質が高めの羽毛布団あたりがオススメです。

ピックアップ>>>トルマリンでカラダを温め、快眠&保温力&通気性&防ダニの敷布団は?

秋のオススメ敷布団をチェック

トルマリンを練り込んだ布団また、秋に使用することを考えると、敷布団についてもトルマリン綿が最もオススメといえます。ダニはトルマリン鉱石を嫌うため、夏場の高温多湿な時期でもダニが繁殖しにくく、秋になってダニの死骸が大量に残る可能性も低くなるのです。アレルゲンの発生率を抑えられるという意味でトルマリン素材は非常に画期的といえます。

逆に手入れが難しいのは、真綿、羊毛といった動物性の繊維です。これらは虫がわきやすいため、夏を越えるときに相当入念なケアをしないと、アレルゲンの巣窟になってしまう恐れがあるからです。

まとめ~秋の夜長をぐっすり眠れる寝具はコレ!

秋に快眠を得るためには、通気性がそれなりに高く、でも保温力も充分…という素材の寝具を選ぶことが重要です。トルマリン鉱石を練りこんだ綿を使用した布団を用いれば、それら2つの要素を同時に満たすことができるでしょう。以上から、秋にピッタリの寝具は次のような組み合わせになります。

《秋の推奨寝具》
▶敷布団…トルマリン練りこみ綿の敷布団
▶掛け布団…トルマリン練りこみ綿、または良質な羽毛布団

ピックアップ>>>トルマリンでカラダを温め、快眠&保温力&通気性&防ダニの敷布団は?