寝不足と胃痛の関連を探る!

睡眠不足が胃痛を招く?寝不足が続くと体調不良を起こすことは周知の事実。漠然とした身体のだるさを感じる程度で済んでいるうちはまだ良いのですが、実は睡眠不足は胃痛の原因にもなるのです。慢性的な胃痛が続いている方は、睡眠の質が落ち、寝不足の状態になっているのかもしれません。

こちらでは、寝不足と胃痛の関連性を解説し、より健やかな生活を送るための知識を紹介しています。

なぜ、寝不足で胃痛が起こるの?

寝不足が胃痛を招く原因とは?胃痛が発生する主な原因には、胃酸の過剰分泌、胃粘膜を保護する胃粘液の減少、胃の運動低下などがあります。多くの場合、どれか1つではなく、これらの原因が複合的に合わさって胃炎を発症します。

では、この胃痛と睡眠にはどのような関係があるのでしょうか。胃酸分泌、胃粘液分泌、胃の運動機能といった働きを司っているのは、自律神経系のバランスです。寝不足が続くと自律神経の働きが乱れてしまい、交感神経と副交感神経のバランスが崩れていきます。そのため、胃の機能が正常に働かなくなり、胃炎を発症することがあるのです。

心理的ストレスも自律神経のバランスを崩しますから、ストレスによって胃炎が発症するのと全く同じ理屈です。要するに、睡眠不足は物理的なストレスとして自律神経の働きを乱し、ストレス性胃炎を引き起こす、というメカニズムになります。胃炎は悪化すると胃潰瘍、胃穿孔といった重病の引き金になることもあるので、なるべく早く睡眠不足を解消するようにしましょう。

胃痛が起きた場合はどうすれば良い?

こちらでは、寝不足が原因の胃痛が発生した時の対処法を紹介します。痛みがひどい場合は医療機関を受診することが第一ですが、軽い胃痛であればまずは自分でできるケアから行ってみても良いでしょう。

半身浴でストレスを緩和基本的に心理的ストレスにせよ、寝不足にせよ、胃痛が起きる状態では覚醒、緊張を司る交感神経が優位になっています。そこで、リラックスした状態に持っていくために、副交感神経が優位に状況を作ることが大切。身体を温めると副交感神経が優位になるので、ぬるめのお湯で半身浴を行うなど、胃を含めて全身を温めることが胃痛の緩和に役立ちます。他に、濡れタオルを電子レンジで温めたものを腹部に当てる、といった方法を用いる方も多いようです。

睡眠の質を向上し、寝不足を防ぐための3箇条

それでは、胃痛の原因にもなる寝不足を防ぐためには何をするべきなのでしょうか?睡眠の質を高めて体調を維持するための3つのポイントを紹介します。

1.トルマリン綿など、保温力の高い敷き布団を使う

身体を冷やすと、自律神経系のうち交感神経が優位になってしまい、胃痛の発生率が上がってしまいます。そこで、保温力が高い布団を用い、眠っている間に身体を温めておくことが胃痛を防ぐために有用です。寝具の中で、もっとも保温力との関連性が高いのは敷き布団。トルマリン綿など床からの冷気をシャットアウトしてくれる敷き布団がオススメです。

>>>保温力の高いトルマリン敷布団の効果について詳しく見る

2.カフェイン飲料の摂取を控える

寝不足のとき、眠気をスッキリさせようと朝起きてすぐにコーヒーを飲む…といった習慣がある人も多いようですが、これはNG。朝は胃の中が空っぽになっていますから、胃を荒らすカフェインのダメージがもっとも大きくなる時間。むしろ、胃炎を促進させる原因になってしまいます。

3.入眠3時間前にぬるめの湯に浸かる習慣を

胃痛の原因には「自律神経が乱れ、交感神経優位になってしまう」ということが挙げられます。そこで、入眠の3時間前に、39〜40℃くらいのお湯に浸かる習慣をつけることが胃痛の緩和にオススメです。ぬるめの湯に入浴することは、副交感神経を優位にしてリラックスした状態へと近づける作用があります。ストレス性、寝不足による胃痛の緩和に有効です。

ピックアップ>>>保温力の高いトルマリン敷布団の効果について詳しく見る

まとめ〜敷き布団選びで寝不足を緩和!

寝不足による胃痛を防ぐには毎日7〜8時間もの睡眠時間を確保するのが理想的ですが、難しい場合は、睡眠環境を向上させて睡眠の質を上げ、睡眠によるストレスをつくらないことで対応するのが現実的です。

深い睡眠を得るためには敷き布団の品質が非常に重要ですので、まずは敷き布団を変えるところから検討してみても良いでしょう。保温力が高く、体圧分散機能の高い敷き布団を使うだけで、睡眠の質は大きく向上すると言われています。

ピックアップ>>>寝不足の胃痛を改善するために敷き布団の選び方について詳しく見る!