寝不足と肌荒れの関連性

睡眠不足が肌荒れの原因になる?寝不足は美容の大敵…と言われていますが、もちろん、これは迷信などではありません。実際、仕事などで寝不足が続いた時、お化粧のノリが悪い、肌がくすんでいる…と感じる方も多いと思います。

こちらでは、寝不足と肌荒れの関係を詳しく解説した上で、寝不足による肌トラブルを解消するため方法を紹介します。

寝不足が続くと肌荒れする理由は?

寝不足は肌荒れの元凶になる肌の健康を保つための新陳代謝(ターンオーバー)は睡眠中に活発化します。睡眠不足の状態では、ターンオーバーが活発に行われず、肌が不健康な状態が続いてしまうわけです。正常なターンオーバー周期は28日前後と言われていますが、寝不足が続くと周期が延びて、古い皮膚がそのままになってしまいます。それでは、肌が突っ張ったり、お化粧ノリが悪くなるのも至極当然と言わざるを得ません。

そもそも、肌のターンオーバーを促しているのは脳下垂体から分泌される成長ホルモンです。この成長ホルモンが多量に分泌されるのは睡眠中。寝不足が続くと成長ホルモンの分泌量が落ちて、結果、ターンオーバーのサイクルが崩れてしまうのです。

このメカニズムを考えれば、寝不足、昼夜逆転、深く眠れていない、といった原因で肌荒れするのは当たり前といえます。

寝不足の肌荒れを緩和するためには?

可能であれば充分な睡眠を取って、そもそも肌が荒れないようにするべきですが…、忙しい現代社会ではなかなか十分に眠る時間を確保するのは難しいものです。すでに起きてしまった肌荒れを緩和したいのであれば、入念なスキンケアを行うしかありません。

角質層の乾燥を防ぐスキンケアをターンオーバー周期が乱れる原因には、睡眠不足のほか、角質層の乾燥が挙げられます。眠る時間が確保できないなら、せめて他の要因で肌荒れが起こるのを防ぐ…という方法を採るのも1つの手段。角質層を保湿することで肌バリア機能を高め、ターンオーバー周期を正常な状態へと導きましょう。

具体的には、角質層で保湿、肌バリア維持を行っているセラミド、天然保湿因子といった物質に働きかけるスキンケア化粧品がオススメです。

肌荒れに負けない!オススメの睡眠法3項目

もちろん、寝不足による肌荒れが起こらなければそれに越したことはありません。こちらでは短時間でも十分な休息を取り、寝不足を緩和するための方法を紹介します。

1.体圧分散力が高く、硬めの敷き布団を使う

成長ホルモンの分泌量を上げて肌のターンオーバーを促進するためには、深く熟睡することが大切です。寝ている時にもっとも眠りが浅くなるのは、寝返りの時。特に、ふかふかしすぎる布団、柔らかすぎる布団で寝ていると、寝返りをうつのに力が要るため、脳がほぼ覚醒状態まで目覚めてしまいます。これは、熟睡度を下げる大きな要因。
そこで、オススメなのが体圧分散布団です。体圧分散の敷き布団は身体が沈みこまないように支持してくれる上、適度な硬さもあるので、寝返りが非常にたやすいのが特徴。寝返りの時に脳が目覚めてしまわないので、しっかりと熟睡できるのです。

>>>体圧分散に優れた高品質の敷き布団を探す!

2.睡眠中の布団内を湿度50%に保つ

これは、熟睡度を上げると同時に肌の乾燥を防ぐ…という二重の作用を期待することができます。布団内の湿度は50%程度が良いとされているので、冬は加湿器、夏はエアコンの除湿機能を用いて湿度をコントロールするようにしてください。このひと工夫をすることで、肌の保湿が助けられ、眠っている間のターンオーバーを助けることが可能になります。

3.眠る3時間前に半身浴を行う

ストレスによって交感神経が優位になると、男性ホルモンが増加して肌荒れを起こしやすくなると言われています。そこで、就寝前にリラックスして副交感神経が優位な状況を作りましょう。40℃くらいのぬるいお湯に浸かって半身浴をすれば、身体が適度に温められてリラックスした状態になります。

>>>寝不足による肌荒れを解消するための体圧分散に優れた高品質の敷き布団を探す!

まとめ〜敷き布団の選び方で肌を蘇らせる!

上に述べたとおり、肌荒れしにくい熟睡環境を整えるには体圧分散力の高い敷き布団が有効です。

布団を新調する時に掛け布団、毛布を優先する方が多いようですが、実際には敷き布団のほうが睡眠環境に対して大きな影響力を持っています。もし、今の睡眠環境に不満をお持ちなら、まずは敷き布団の品質を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?

>>>寝不足による肌荒れを解消するための睡眠の質を向上させる体圧分散の敷布団をみる