発熱と寝不足に隠された因果関係!

睡眠不足で発熱が起こる可能性も仕事で深夜の帰宅が続くなど、寝不足の生活を送っていると体調不良を起こしやすくなってしまいます。あまりに睡眠の質が落ちていると、発熱するなど体調が一気に悪化してしまうことも。

こちらでは寝不足と発熱の因果関係について解説し、さらに良質な睡眠を取って体調を上向かせるためのアドバイスを掲載しています。

寝不足で熱が出る理由は?

寝不足で熱が出る原因とは?睡眠環境の悪化による寝不足、睡眠の質低下は、非常に強い心理的ストレスになります。この状態が長く続いてしまうと、ストレス性高体温症(心因性発熱)といって“明確な原因はないのに発熱する”ことがあります。

極度の緊張、集中が続いたあとに発熱することを“知恵熱”と言いますが、これも迷信ではなく、ストレス性高体温症の1つ。子供の場合は、ちょっとしたストレスで高熱が出ることもあります。大人の場合高熱を出すケースは珍しいですが、37℃を超える微熱が続き、倦怠感、悪寒などに悩まされることは少なくありません。

このストレス性の熱は炎症を伴わないため医療機関で風邪と診断されることも多くあります。しかし、風邪薬や解熱剤を飲んでも熱は下がらず、原因不明のまま慢性化しやすいのです。

ストレス性の発熱を緩和する方法は?

解熱剤が効かない以上、風邪と同じ対処ではあまり意味がありません。そもそも寝不足が原因なら数日ゆっくり眠るのが一番ですが、社会人になると簡単に休みが取れるわけでもないので、なかなか対処が難しいところです。

十分な睡眠をとることが重要結局のところ、睡眠時間を長く取ることは困難なので、睡眠の質を上げて「同じ時間でもぐっすり眠る」という方向に重点を置くしかありません。また、寝不足そのものというよりは、寝不足によるストレスが原因ですから、生活習慣を見直してストレスの緩和を図ることも有効です。

>>睡眠の質を改善する体圧分散力に優れた敷き布団を探す

睡眠の質を高めるコツ3箇条!

可能なら、良質な睡眠を確保して、そもそも寝不足による発熱が起こらないようにするのが一番です。そこで、こちらでは睡眠環境を高めるために役立つ3つのポイントを紹介します。

1.副交感神経を優位にする生活習慣を取り入れる

スムーズに入眠し、良質な睡眠を得るためには、自律神経系のうち副交感神経を優位に導いておくことが大切です。そのためには、入眠3時間ほど前に半身浴を行う、好きなアロマを焚く、ハーブティーを飲む、などして、身体をリラックス状態にしましょう。副交感神経を優位に保つことで、睡眠の質が向上し、同じ睡眠時間でも、より精神的ストレスを軽減できるようになるはずです。

2.体圧分散力に優れた敷き布団を使う

睡眠の質を下げる要因の1つに、敷き布団のクッション不足が挙げられます。クッション性の低い布団に寝ていると、体重のかかりやすい腰、肩が布団のクッションを押しつぶしてしまい、間接的に床に接触する場合があるのです。これでは身体の一部が痛んだり、痺れたりして、どうしても眠りが浅くなってしまいます。体圧分散に優れた敷き布団は、体重が一箇所に集中しないように工夫されており、こういった問題が起こりにくくなっているので安心です。特に凹凸マットを使用した敷き布団は体圧分散力が高いのでオススメです。

>>>体圧分散に優れた高品質の敷き布団を探す!

3.入眠を助けるために夜は間接照明を使う

人の身体は、強い光を見ると覚醒するようにできています。要するに、夜遅くになっても明るい場所にいると、それだけで入眠しにくくなり、睡眠の質が下がってしまうのです。そこで、夜間の照明を間接照明にする、あるいは入眠3時間前は豆球と電気スタンド(白熱電球タイプ)を併用する、といった方法が入眠を助けるために有効。スムーズに入眠すれば、それだけ早く深い眠りを得られるということ。長い睡眠時間を取れないのであれば、なるべく眠りの質を上げる工夫をしなくてはなりません。

ピックアップ>>>発熱対を緩和できる体圧分散力に優れた敷き布団を探す

まとめ〜敷き布団の質が眠りの質を決める!?

上述の3項目にも書いたとおり、体圧分散力を重視した敷き布団を使うことで睡眠の質が飛躍的に向上します。もし、睡眠時間を長くはできないけれど、何とか寝不足を緩和したい…と考えるなら、まずは体圧分散布団を使用してみるのが良いでしょう。

凹凸マットを用いた体圧分散布団なら、寝返りも打ちやすく、朝までしっかりと熟睡できるはずです。逆に柔らかすぎる布団、ふかふかしすぎている布団では、寝返りを打つのに力が必要になり、寝返りの度に眠りが浅くなる恐れがあります。

ピックアップ>>>寝不足による発熱対を緩和できる敷き布団を探す!