「安眠するためのテクニック」の記事一覧

自分に合ったものを選びたい!敷布団の種類の見分け方をご紹介

寝具には、それぞれの素材によって特徴があります。たとえば、吸湿性と放湿性が高い羊毛わたの敷布団は「むれにくい」ですが、家で洗うことはできません。ここでは、敷布団の素材と特徴についてお伝えします。

近年人気が高いウレタンフォームの敷布団は、弾力性が高く経年劣化がしにくいといわれています。特徴は、加工がしやすい素材でもあるため、ダニや雑菌の繁殖がしにくく、アレルギー体質の方が安心して使うことができるという点です。

自分にあった敷布団を選ぶために、さまざまな種類のなから見分け方をご紹介します。

子育てママ必見!赤ちゃんに適したマットレスの硬さとは

赤ちゃんを育てるために必要な準備はたくさんありますよね。その中のひとつ、マットレスはとても重要です。赤ちゃんに適したマットレスではないと、赤ちゃんの身体に影響が出ていしまいます。「柔らかいマットレスのほうが寝心地がいいはず!」「硬いと身体を痛めてしまうかな・・・」と心配のママさんもいるでしょう。ここでは、赤ちゃんに適したマットレスの硬さ、選び方を紹介していきます。
赤ちゃんの寝具選びに悩んでいるママさんはぜひ、参考にしてみてください。

子供用の夏布団はどうすればいい!?寝汗や寝冷え対策のために

気温が高い夏でも、発熱や風邪をひいて体調を崩す子供は少なくありません。その原因は、もしかすると布団にあることが考えられます。

子供は寝ている間も活発に動き、すぐに掛布団を蹴飛ばしたり、敷布団から転げ落ちたりします。その際に、体が冷えてしまい、体調を崩すケースが多いのです。

そんなときは、布団を見直してみるのもひとつの方法です。夏場の布団対策についてお伝えします。

敷布団が原因で寝返りがうてない!睡眠に対するデメリット

疲れた体を休めようと早い時間に就寝をしても、目覚めが良くないことがあります。せっかく睡眠をしても朝、腰痛や肩こりを感じる人は、睡眠障害を起こしているかもしれません。

不調の原因としてあげられるのは、寝返りがうてていない場合です。寝返りをうてなくなるのは、敷布団が影響している可能性があります。

ここでは、どのような敷布団が睡眠の質を上げて、すっきりした目覚めができるようにさせるのかを紹介していきます。

寝ている時の体勢を改善して安眠しましょう

知っておきたい!寝るときに最適のポーズ 夜更かしは安眠の妨げになると知られていますから、できるだけ早めに布団に・・・

インドの薬草ヘナが持つ安眠とデトックスの効果

ヘナのリラックス効果が安眠を誘う ヘナはインド、ネパールなどの西アジアに育つミソハギ科の薬草の事で古くから髪や・・・

蒸しタオルで目の疲れを取って快適な安眠を

蒸気でアイマスク!寝る前の蒸しタオルで安眠をゲット 近年では眼精疲労により、肩コリや頭痛などの症状が多い方達が・・・

昔ながらの安眠法であるツボをお灸すること

眠れない夜の安眠対策|お灸でツボを刺激 身体には無数のツボがあり、このツボを刺激することで様々な良い効果が身体・・・

安眠できる夢を見るために潜在意識を変える

■悪夢は安眠を妨げる!悪夢を見ないためのポイント 快適な睡眠は疲労回復やリラックスの観点からも大変重要なポイン・・・

アイマスクを利用してリラックスした安眠を

■ちょっとした灯りが気になる方に!アイマスクで暗闇を再現 明るい中で寝ようとしても、ちょっとした灯りが気になっ・・・