■ハーブティーでリラックス|睡眠効果の高いハーブティー



ハーブティーとは、薬用や薬草である植物を乾燥させたハーブを煮だした飲み物です。医療でも使われるほど健康に効果のあるもので、植物の種類によって効能はさまざまです。

インフルエンザ予防や炎症を抑える効果、殺菌作用や疲労回復、便秘や冷え性の解消などの効果が期待でき、自分の気になる症状に合わせて手軽に飲むことができます。ノンカフェインでリラックス効果があるものがたくさんあるため、安眠のために飲む飲み物としても最適です。

ハーブティーには、さまざまな種類があり、一種類のハーブから作られたものや複数のハーブをブレンドしたものまであります。色々な物が市販されていますので、様々な物を試してみて、香りなど気に入ったものを見つけることもできます。

眠る時に人の神経は、副交感神経が働くことで寝つきが良くなると言われています。つまりこの副交感神経の働きを良くすることで、人は安眠することができるのです。

ハーブティーの香りは、リラックス効果が高く、副交感神経の働きを良くします。ハーブの中には、睡眠に効果の高いものがあります。代表的なものとしては、カモミールが知られています。カモミールは、ストレスを解消し、精神をリラックスさせる効果があり、安眠作用があるとされているのです。

身体を温める効果もあるため、風邪の引き始めや月経痛の緩和にも良いとされています。また、安眠に効くとされるホットミルクにカモミールを混ぜて、カモミールミルクティーとしても飲むことができます。

ほかには、ラベンダーなども精神安定作用、ストレスや不安緩和の効果が知られており、ハーブティーだけではなく、ポプリなどを枕元に置くことで安眠の手助けになります。睡眠薬などで無理矢理眠るのではなく、自分の好きな香りで眠ることで良質な睡眠を得ることができるのです。