「寝具の豆知識」の記事一覧

固綿とは?固綿敷布団とウレタンオームとの違いも徹底解説!

固綿は敷布団やマットレスなどに使われている素材ですが、あなたはこの固綿がどんなものか、知っていますか?

身体にあった寝心地の良い寝具を選ぶためには、敷布団の素材を理解し、特徴に合わせて選ぶことが大事です。

固綿の特徴やウレタンフォームとの違いについて詳しく解説しながら、あわせて寝具選びのポイントをご紹介していきましょう。

敷布団用のマットレスはある?組み合わせ方やおすすめ商品も紹介!

腰痛や熟睡対策にマットレスを選ぶ人が増えていますが、マットレスの上に直接寝るのは物足りないと感じる人は多いです。

綿の敷布団に慣れた日本人ならではの悩みですが、マットレスと寝具の組み合わせ方には、ちょっとしたコツが必要です。

マットレスの使い方の基本や、敷布団とマットレスの上手な使い方について解説していきましょう。

あわせて敷布団用マットレスのおすすめ商品もご紹介していますので、参考にしてください。

自分に合ったマットレスの選び方!快適に眠れる種類や硬さも紹介

洋風の住宅やベッドが普及したことで、寝具にマットレスを選ぶ人が増えています。

熟睡できる、腰痛が改善したなどの口コミから興味を持つ人も多いのですが、まだなじみがないだけに、選び方に悩んでしまいますよね。

今回は種類や硬さ、サイズや寝心地から、マットレスの選び方を徹底的に解説していきます。

おすすめ商品もご紹介していますので、寝具の買い替えを検討中の人、必見です。

どんなシーツを選べばいい?選び方やお手入れ方法を確認しよう!

あなたはシーツの正しい選び方を知っていますか?

シーツは敷布団を使うときに欠かせませんが、選び方を間違ってしまうと、寝心地が悪くなってしまうかもしれません。

シーツは布団や季節にあわせて、快適に使えるものを選びましょう。

シーツの役割や種類について解説しながら、快適に使えるシーツ選びのポイントをご紹介していきます。

暑がりな人の敷布団の選び方。寝具が不快な理由とおすすめも紹介

暑がりな人は寝心地の悪さで掛け布団をはいでしまい、風邪などを引きやすいのが困りものです。

身体の上にかけている布団が原因だと思い込みがちですが、その寝心地の悪さ、もしかしたら敷布団が原因かもしれません。

今回は布団が寝苦しいと感じる原因について解説しながら、暑がりさんにおすすめの敷布団の選び方をご紹介していきます。

あわせて布団を快適に使うポイントや工夫もご紹介していますので、参考にしてください。

寒がりさんにおすすめの敷布団を紹介!快適温度と保温対策も解説

寒がりな人は、布団に包まれていても体が冷えてつらいもの。

敷布団をはじめとする寝具だけでなく、寝室の整え方にも目を向けて冷えを改善しましょう。

こちらでは布団の冷えの原因や、冷え対策について詳しく解説していきます。

あわせて寒がり人におすすめの暖かい敷布団も紹介していますので、あなたの布団選びの参考にしてください。

腰痛におすすめの敷布団を紹介!腰痛の原因と改善対策

朝起きた時のひどい腰痛に悩んでいるなら、敷布団の買い替えも検討しましょう

寝ている時の姿勢や敷布団によっては、腰に大きな負担がかかってしまいます。

今回は寝ている時に腰痛が起きる原因や、腰に良い敷布団の選び方について詳しく解説していきます。

あわせて気軽に取り組める腰痛のセルフケア対策についてもご紹介していますので、腰痛に悩んでいる人は必見です。

腰痛の原因は敷布団にあった!?敷布団の選び方をご紹介

腰痛になる原因は、日常生活での姿勢や、体への負担のかけ方が影響します。朝起きた時に感じる腰痛は、体の動かし方や寝方を左右する敷布団が関係していると考えられます。

敷布団の選び方を間違えてしまうと、腰への負担が大きくなるので注意が必要です。どのような敷布団が、腰痛を引き起こしてしまう可能性があるでしょうか。

腰痛持ちの人が知っておきたい敷布団の選び方について、解説します。自分にとって良い敷布団の選び方を学んでいきましょう。

子供用敷布団の買い替えのタイミングとは

家族が増えれば布団も増えますが、子供用布団はいつまで使うのが正しいのでしょうか?

子供は成長するにつれて、どんどん体のサイズが変わります。最初から大きい布団をあつらえる選択肢もありますが、重さもあって寝苦しくなるのは困りもの。小さすぎればはみ出して、風邪をひくなどの健康面でのリスクも否定できません。

今回は子供用布団をいつまで使うのか、買い替えのタイミングや必要性などについて解説していきます。

春夏秋冬、季節別の掛布団・敷布団の選び方をご紹介

四季によって気温が大きく変わるため、寝具を選ぶときには工夫が必要です。春や秋は気温差が激しいので、二枚合わせの羽毛布団を活用し、その日の気温によっては毛布を使うとよいでしょう。

気温が上がり寝苦しくなる夏にも、タオルケットやガーゼケットなどの掛布団は必要です。対して、気温が下がる冬には軽くて温かい掛布団を選ぶことが大切です。

工夫がしやすい掛布団に比べて、敷布団は素材によって特徴がさまざまあります。季節によって、敷きパッドや電気毛布などで工夫することができますが注意が必要です。