子供用布団はいつまで使える?

ひとくちに子供用布団といっても、サイズはいくつかあります。大きく分けると、「敷布団サイズ60×90cm程度」「掛布団サイズ80cm×100cm程度」のミニサイズと、「敷布団サイズ70cm×120cm程度」「掛布団サイズが105cm×130cm程度」の普通サイズの2つです。

最初にどちらを購入した場合でも、いつまで使えるのかには実は明確な答えはありません。

明確な使用期限はない

 

一般的に、ミニサイズの子供用布団は1歳~2歳くらいまで、普通サイズの子供用布団は3歳~4歳くらいまでといわれています。

しかし、子供の身長や成長のスピードには個人差があるもの。2歳になる前にミニサイズの布団が窮屈に見える場合もあれば、3歳になってもミニサイズで十分という場合もあります。

また、「頻繁に寝返りをうつ」「寝ている間も活発に動く」といった子供であれば、体に対する布団のサイズが十分であったとしても、布団から転がり出てしまう可能性も考慮しなければなりません。

つまり、「いつまで」という期間を決めるのではなく、布団のサイズが子供の体の大きさや発育状況に合わなくなってきたと感じたときに、布団を変えるのがベストです。

目次へ

子供用布団の卒業後

子供用布団が小さくなるほど子供が成長すれば、子供用布団は卒業です。次に使う布団としては、ジュニア用の布団または大人用の布団のいずれかとなることがほとんどです。

それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

ジュニア用の布団を使用

 

ジュニア用の布団は、大人用の布団より小さい90×180cm程度の大きさですが、ほかにもさまざまなサイズが「ジュニア用布団」として販売されています。一般的には小学校5~6年生程度まで対応でき、子供用布団に比べて長く使えるのがメリット。

子供用布団と同じく洗いやすい仕様であることが多いため、おねしょや嘔吐、汗などの汚れにも安心です。また、大人用布団よりコンパクトであるため、洗ったり干したりが簡単・収納しやすいというメリットもあります。

一方で、需要が少ないためか、子供用布団や大人用布団に比べて種類が少ない傾向が見られます。そのため、洗い替え用のカバーなども選びにくいことが多いようです。

大人に比べてまだまだ布団を汚すことが多いため、カバーを選びにくいのはデメリットといえるでしょう。大人用布団の方が、機能的にも価格的にも選択肢が広いのです。

大人用の布団を使用

前述のジュニア用布団は小学校5~6年生まで使えるとされていますが、この頃の年齢の子供の成長は、個人差が著しいものです。そのため、大柄な子供の場合は、大人用布団を選ぶほうをおすすめします。

また、購入を検討する時点で「大人用布団では大きすぎるだろう」と思えても、寝ている間も活発に動き回る子供にとっては大きいほうが安心です。さらに、大人用布団を購入しておけば、大人になってからもそのまま使うことができるため、経済的なメリットもあります。

ただし、大人用布団は洗えないものも多いです。また、洗えるものを選んだ場合でも、大人用布団を洗濯するのは手間も費用もかかるものです。洗えない大人用布団を使う場合は、おねしょや嘔吐などで汚れやすい低年齢時の間は、防水シートを敷くなどの対策をとることをおすすめします。

目次へ

背骨への影響に注意して布団を選ぼう

骨が未発達の小さい子供にとって、布団は発育に大きな影響を与える重要なアイテムのひとつ。子供の布団を選ぶもっとも大切なポイントは、背骨に悪影響を与えかねない柔らかい布団を避けることです。

柔らかい布団で眠るとどうなる?

 

小さい子供は骨の発達が未熟なため、柔らかい布団で眠ると体が沈んで背骨がゆがんでしまい、正常な発育を妨げる可能性があります。足をM字型に開いて眠る赤ちゃんの場合、股関節脱臼につながることも。

また、柔らかすぎると寝返りがうちにくくなるため、眠りが浅くなるだけでなく、発育にも影響をおよぼします。さらに、赤ちゃんであれば、うつぶせになったときに体が布団に沈み込むことで呼吸ができなくなる恐れもあります。

これらを避けるためには、適度に反発する硬さのある布団を選びましょう。

体圧分散がおすすめ

 

布団を硬さだけで選ぶと、体の特定の部分だけに負担がかかってしまうことになります。

たとえば、仰向けに寝た場合、背中やお尻など出っ張っている部分だけで体を支えることになるため、圧力がそれらの部分だけに集中し、負担になってしまいます。そのため、体圧を分散する機能があるものを選ぶことも重要です。

一般的に体圧分散機能のある布団は表面が凹凸で、体を「面」ではなく「点」で支える構造となっています。そのため、体の凹凸に細かく対応し、圧力をバランス良く分散してくれるため、眠っている間の姿勢を正しく保つことができます。

また、1カ所に圧力がかかると血行が滞りますが、体圧が分散されていればその心配もありません。さらに、寝返りもうちやすく、寝ている間の発育を促します。

櫻道ふとん店の「腰いい寝リッチ」は、この体圧分散機能にくわえ、硬さが選べるのが特徴です。硬さは、やわらかめ・普通・硬めの3種類。

体が小さい子供には「やわらかめ」を選ぶとよいでしょう。「やわらかめ」とはいっても、JIS規格の「硬め=100ニュートン以上」より硬い200ニュートン以上の超高反発素材を使用しているため、体が沈みすぎることはありません。

さらに、表面の凹凸加工が通気性をよくするだけでなく、温泉綿を使うことによる遠赤外線効果で冬場の冷えを防ぎます。汗をかきやすい、寝相が悪いという子供に最適といえるでしょう。

目次へ

まとめ

子供にとって、布団は1日の大半を過ごす場所です。同時に、健やかな成長を促す大切なアイテムでもあります。そして、質の良い睡眠は、体だけでなく心にもよい影響を与えるもの。それらを考え合わせると、子供用の布団は、大人の布団以上に慎重に考えるべきかもしれませんね。

子供1人ひとりの体格や発達状況に合わせて適切な布団を選ぶことは、親から子へのなによりのプレゼントとなるでしょう。