「折りたたみマットレス」がおすすめの理由

折りたたみ マットレス おすすめ 見出し1

「折りたたみマットレス」とは、その名の通り、たたんで持ち運び、収納ができるマットレスのことです

マットレスの反発力や弾力はそのままに、寝心地の改善に効果的。それでいて腕力のない人でも扱いやすいと、高い評価を得ています。

厚手の商品が多いなか、折りたたみマットレスは比較的薄く、畳の上やフローリングに直敷きして使いやすいのも魅力でしょう。日本の住宅事情や、伝統的な睡眠スタイルにもあっています。

折りたたみマットレスはサイズバリエーションも豊富で、体にあわせて選びやすいのも嬉しいポイントです。寝具はこまめなお手入れが欠かせませんが、厚みがあって扱いにくいマットレスは家庭での負担感が大きいため、便利な折りたたみマットレスを選ぶ人が増えています。

目次へ

折りたたみマットレスのメリット・デメリット

折りたたみ マットレス おすすめ 見出し2

折りたたみマットレスのメリット・デメリットを、比較してご紹介しましょう。

折りたたみマットレスは使い勝手のよさで人気があるものの、使いにくい面もあります。メリット・デメリットを理解したうえで、自分の使い方や寝室環境にあっていることを確認してください。

メリット

折りたたみマットレスの魅力は軽くて扱いやすく、収納性がいいところでしょう。使わないときは折りたたんでおけるため邪魔にならず、お部屋の中に置きっぱなしにしても生活スペースを圧迫しません。

折りたためば程よい厚みが出て、ソファ代わりにも使えて便利。生活感が出ないので、ワンルームでも使いやすいと評判です。

折りたためると壁に立てかけなくても自立できるため、除湿などのメンテナンスがしやすいのもポイントです。

デメリット

折りたたみマットレスの使い勝手の悪い点は、寝ているときに、折れ曲がる部分に体が沈んでしまうことでしょう。折れ目部分はどうしても隙間ができてしまい、腰などがはまり込んで寝心地が悪くなりがちです。

また繰り返し折りたたみ、体がはまって引き延ばされることで、折れ目部分にダメージが集中。耐久性の面でも寿命が早く、コスパが悪くなることも多いです。

折りたたみマットレスは利便性を優先して薄手に作られていることが多く、床付き感を感じやすいのも残念な特徴です。

目次へ

折りたたみマットレスを選ぶポイント

折りたたみ マットレス おすすめ アイキャッチ

折りたたみマットレスを選ぶときの注意点もご紹介しておきましょう。

いくら便利でも、寝具は選び方を間違えると使いにくくなってしまうもの。寝心地の感じ方は個人差が大きいため、自分にあったものを選ぶことが大事です。

寝心地にあわせて反発性を選ぶ

寝具選びで大事なのは、自分の好みの寝心地にあわせて選ぶこと。これは折りたたみマットレスも同じです。折りたたみマットレスにも低反発、高反発の種類がありますから、体型や寝心地を重視してタイプを選びましょう。

体圧分散性に優れていて、寝返りしやすい、程よい硬さのある高反発マットレスがおすすめです。ウレタンやファイバーといった素材の違いもあるため、自分がメンテナンスしやすいものを選んで下さい。

折りたたみマットレスの厚さはさまざまですが、5~11cm程度が無難です。7cm以下は床つき感を感じやすいため、体格がいい人は避けることをおすすめします。

体と部屋に合わせてサイズを選ぶ

自分の体にあったサイズを選ぶことも大事です。折りたたみマットレスはコンパクトに折りたためるのが魅力ですが、窮屈なマットレスは寝心地が悪いもの。無理なく横になれる、十分な余裕のあるサイズを選びましょう。

折りたたみマットレスはコンパクトに収納できても、場所は取るもの。部屋や生活を圧迫しないサイズ感か確認して、自分のライフスタイルにあわせて選ぶと安心です。

メンテナンス性も重視する

マットレスは寝汗や皮脂汚れが付きやすいため、メンテナンスも重視しましょう。折りたたみマットレスはその形状を生かして、立てかけて除湿しやすいものが理想です。デイリーに自分が扱いやすいのか、厚さや軽さもチェックしてください。

マットレスの素材による、メンテナンス性の違いにも注目しましょう。ウレタン素材は水に弱く、天日干しができませんが、ファイバー繊維を網目状に固めたものなら、丸洗いや天日干しができてお手入れが簡単です。

マットレスはシーツやベッドパッドと併用しますから、組み合わせて使うリネン類を入手しやすいもののほうが使い勝手がいいでしょう。

目次へ

折りたたみマットレスの使い方の注意点

折りたたみ マットレス おすすめ 見出し3

最後に、折りたたみマットレスの使い方の注意点を紹介していきます。

一般的に機能性にこだわったマットレスは、価格が高いです。次の使い方の注意点を守って、いつも気持ちよく、長く愛用することを心掛けましょう。

■湿気対策をする

まず気をつけなくてはいけないのは、折りたたみマットレスを敷きっぱなしにしないことです。

マットレスを使うことで一番注意をしなくてはいけないのが、湿気対策です。折り目部分が傷まないようにと敷きっぱなしにしていると、マットレスに寝汗による湿気が蓄積して、カビやダニの温床になるリスクがあります。

特に畳やフローリングに直接敷いて使うと湿気によるトラブルが起こりやすいため、すのこや除湿シートを活用することをおすすめします。除湿シートが吸湿できる量には限界があるので、定期的に天日干しなどをして乾燥させるといいでしょう。

■定期的にお手入れする

マットレスを使う場合は、こまめなお手入れが欠かせません。定期的に壁などに立てかけるか、折りたたんで空間を開けて風通しをよくして、除湿を心掛けるといいでしょう。

皮脂や寝汗などの汚れが浸みこむのを防ぐために、シーツやベッドパットをかけて使うことも大事です。ただしサイズ選びは重要。大きすぎれば足などに絡まって寝心地が悪くなり、汚れがマットレスに付着しやすくなるため、シーツやベッドパッドのサイズはマットレスにあったものを選びましょう。

シーツやベッドパッドは定期的に洗濯をして、衛生的に使うことを心掛けてください。寝具を清潔に保つのも、快適な眠りを得るうえで重要なポイントです。

目次へ

まとめ

折りたたみマットレスは日本の家屋事情にもあっていて、使いやすくておすすめです。

収納性も、メンテナンス性も良好。

櫻道ふとん店には「腰いい寝」をはじめとして、他の商品も多彩なので、チェックしてみてはいかがでしょうか?