季節別による掛布団の選び方

季節によって気温が大きく上下するため、常に十分な睡眠を確保するためには寝具選びに工夫が必要です。気を付けるべき点を見ていきましょう。

暖かかったり寒かったりと、温度調整が難しい春。気温差のある時期には、寝具にも工夫が必要です。このような時期に便利なタイプは、2枚合わせの羽毛布団です。

2枚合わせの羽毛布団とは、冬用の掛布団よりも薄い「合掛け布団」と、それよりも薄手の「肌掛け布団」が一つになった布団のことです。その日の気温に合わせて、1枚あるいは2枚で使うことができるため、大変便利です。

さらに、綿の毛布を加えると幅広い温度調節が可能になります。綿毛布は、吸湿性に優れているので汗をかいても湿度を調整してくれる上、家庭での水洗いが可能なためいつでも気持ちよく使うことができます。

夜でも気温が下がらず、寝苦しさを感じることも多い夏季の掛布団はどのようなものを使えばしっかりと睡眠をとることができるのでしょうか。

暑いからといっても、何も体にかけずに眠ることは好ましくありません。夏でも気温が下がる朝方に体を温められる掛布団が必要です。

夜もエアコンをつけたままで就寝する方や、寒冷地などでは薄手のダウンケットがおすすめです。夏向けのダウンケットは冬ものに比べてぐっと薄手に作られているため、夏でも寝苦しくなく使うことができます。

寝汗などでの汚れを頻繁に、洗濯機で洗いたい場合はタオルケットが便利です。軽くて吸湿性に優れているため、適度に体を保温、保湿する効果が期待できます。

タオルケットよりもなめらかな肌触りを好む方にはガーゼケットがおすすめです。通気性が良く、タオルケットと同じように洗濯機で洗うことができるため夏の寝具にぴったりです。

春と同じく、気温差があり寝具に悩む秋には、冬を見据えた寝具の選び方が必要です。春と同様に二枚合わせの掛布団が便利です。特にこの厚手の掛布団を重宝することが多くなりそうです。

朝方に気温がぐっと下がることを見越して、横になった足元にダウンケットや中厚タイプの掛布団を用意しておくことも大切です。

気温と一緒に体温が下がってしまうと十分な睡眠を確保できません。寒いのが苦手な人や寒冷地などでは毛布があると便利でしょう。

気温が下がり、体温も下がりやすい十分な準備が必要な冬は、寝返りがしやすい軽くて温かいものを選ぶことが重要です。重い布団は体に負担をかけ寝返りがしにくくなるため、睡眠の妨げになり好ましくありません。

冬の掛布団にはまず羽毛布団。羽毛布団は暖かい上に、軽量で寝返りを邪魔しません。また体温を逃がさないように体にフィットするため、冬にぴったりの掛布団といえます。

羽毛布団だけでは冬の夜に寒さをしのぐことはできません。羽毛布団は体温が伝わって暖かくなるため、その上に毛布をかけることで温度を保つことができます。逆に毛布の上から羽毛布団をかけると毛布が羽毛布団の効果を妨げてしまいます。

目次へ

敷布団はどう選ぶ?

掛布団とは違い、季節に合わせて敷布団を変えることはないといってもいいでしょう。オールシーズン、快適な睡眠をサポートしてくれる敷布団はどのようなものなのでしょうか。

どの季節でも応用できる敷布団の選び方

敷布団を選ぶときに考えるのはその素材です。素材によって一長一短なため、その特徴を理解して選ぶことが必要です。

たとえば、羊毛敷布団は吸湿性と放湿性に優れており、心地よい睡眠が期待できます。しかし、弾力性に乏しくそれ1枚では不十分な場合が多いため、他の布団と重ねたりベッドパッドとして利用したりと、活用方法が限られます。

また、水洗いができないため家庭での洗濯ができないことも注意しなければならない点の一つです。

合繊敷布団は、天然素材が使われておらず化繊でできた敷布団です。素材が化繊のため家庭での洗濯が可能です。ほこりが出にくくこまめな洗濯ができるため、アレルギー体質の方へおすすめできる敷布団です。

綿のわたでできた敷布団は、古くから使われてきた歴史があります。打ち直しができるため、長期間使用することができます。吸湿性に優れている反面、放湿性が低く、毎日のように干す必要があるという特徴があります。

素材によって特徴が様々な敷布団ではなく、マットレスにするという方法もあります。近年は、体圧分散を意識し体への負担が少ないマットレスが市販されています。

特に「腰いい寝リッチ」は、使う人の身長や体重に合わせてぴったりなマットレスを選ぶことができます。また、腰痛や冷え性に悩む人にとっては最適な寝具となります。

季節によって敷布団に合わせるグッズ

四季に応じて、敷布団に色々なグッズを組み合わせることで、快適に睡眠をとることができます。

たとえば、夏季に人気な接触冷感のシーツや敷きパット。商品によって素材や構造など詳細は異なりますが、触れることでひんやり感を得られるシーツや、敷きパッドが市販されています。

商品によっては冷感があまり感じらないことや、睡眠中の汗が放湿されないといったこともあるため、選ぶときには注意が必要です。

また、布団の温度が下がり中に入ることを躊躇する冬には、電気毛布が活用できます。しかし、使い方を誤ると体の体温調節ができずに疲れが取れないことや、免疫力が低下し病気になりやすいなどといったリスクもあるため注意が必要です。

目次へ

まとめ

四季によって気温が大きく異なる日本では、寝具を選ぶ際に工夫が必要です。春や秋には温度調節がしやすい2枚合わせの羽毛掛布団が便利です。

気温が上がる夏季は、吸湿性と放湿性に優れ、家庭での洗濯が可能なガーゼケットやタオルケットを使うとよいでしょう。寒さの厳しい冬季は、寝返りのしやすい軽さと体温を保つための保温力が必要です。

掛布団は細かい調節が可能ですが、対して敷布団は素材によって特徴が大きく異なります。布団の種類を知って、季節ごとの対策を行うようにするとよいでしょう。