マットレスの種類と正しい選び方

マットレスの種類と選び方

マットレスは、選び方の難しい寝具です。毛布や枕などと違って外見にほとんど差がありませんし、専門知識がなければ触ってみても特徴はなかなか掴みづらいのが実情でしょう。しかし、だからといって「なんとなく」で選んでしまうと、のちのち大変な後悔をすることになります。

私たちは人生の1/3を眠って過ごします。自分に合っていないマットレスを選んでしまうと、寝ている間に体を痛めたり睡眠障害を抱えたりしやすく、ひいては起きている間の生活にも支障を来しかねません。一見区別のつきづらいマットレスだからこそ、選び方や違いについて理解しておく必要があります。

マットレスの種類と特徴

マットレスを構造から分類すると、「コイル式」と「ノンコイル式」の2種類に大きく分けることができます。

コイル式とは、その名のとおりコイルによってクッション性をもたせたマットレスのことで、かつてはこちらが主流でした。コイル式の中にも、それぞれのコイルが独立している「ポケットコイル」と、すべてのコイルが連動している「ボンネルコイル」があります。寝心地としては、ポケットコイルがやわらかめで、ボンネルコイルが硬めとなります。

一方のノンコイル式は、コイル以外の構造でクッション性をもたせたマットレスです。こちらはさらに、低反発マットレスと高反発マットレスの2種類に分類できます。低反発マットレスは体のラインに沿って沈み込んでくれるため、体に圧力がかかりません。逆に高反発マットレスは沈み込みすぎないように作られており、寝返りを打ちやすいのが特徴です。

ではここで、低反発素材と高反発素材を使用したマットレスを取り扱っている寝具店をご紹介します。低反発マットレスのメーカーとして高い知名度を誇るテンピュールについては『寿命が長い!5年間の長期保証が魅力』を、ヨーロッパで絶大な人気を誇る寝具メーカーであるマニフレックスについては『イタリア発!マニフレックスの敷布団ラインナップ』をご覧ください。

マットレス選びのポイント

マットレスを選ぶ際に最も重要なのは、寝心地です。個人的な好き嫌いもあるでしょうが、体にとってはやわからすぎても硬すぎても悪影響が出ます。やらわかすぎると体が安定しないため疲れがとれにくく、かといって硬すぎると今度は体を痛める原因にもなります。

そこで、「硬すぎずやわらかすぎない」という視点を軸にしつつ、個人個人の体質や体型に合ったものを選のが理想的でしょう。

たとえば小柄な人は、高反発マットレスではほとんど体が沈まないため、実際以上に硬く感じてしまいます。小柄な人は低反発のものを選ぶと、より安眠しやすいでしょう。逆に大柄な人は、低反発では寝返りを打つのが大変です。疲れをとるための睡眠でかえって疲れてしまうようでは本末転倒ですから、高反発やコイルスプリングのものを選んでください。

腰痛持ちの人には、ポケットコイルや高反発マットレスがおすすめです。硬すぎず、それでいて適度に反発力があるため、腰にかかる負担を最小限で抑えることができます。療養中の方や筋力の衰えている高齢者が家族にいる場合も、低反発より高反発のほうがよいでしょう。