メリット・デメリットから見るマットレスと敷布団の比較

新しく寝具を買い揃えようとなると、多くの人が直面するのが「マットレスにするか敷布団にするか」という悩みではないでしょうか。

寝具売り場にはマットレスも布団もたくさんの種類が並んでいます。それはつまり、どちらも同様にニーズが高いということです。双方ともに強みがあり、けっして一方だけが優れているわけではありませんので、どちらを選ぶべきかは使う人の事情次第だといえます。

では、マットレスを選ぶべき人はどういう人で、敷布団を選ぶべき人はどういった人なのでしょうか? それぞれの寝具のメリットとデメリットを見ていきましょう。

マットレスのメリット・デメリット

マットレスの主なメリットは、以下の3点です。

  • 弾力性に富んでいる
  • 内部にゴミが入りにくい構造なので清潔
  • 一般的に通気性が高い

反対にデメリットとしては、次の3点を挙げることができます。

  • 折りたためないので場所をとる
  • 保温性が低い
  • 丸洗いできない

多くの人にとってマットレスの最大の魅力は、やはり「弾力性」でしょう。日本人は10人に1人が腰痛持ちだといわれていますから、体の負担を軽減できるという点は大きなプラスです。さらに通気性が高く虫が湧きにくいので、扱いが簡単だというのも強みでしょう。首・肩・腰に疲れが溜まりやすい人や、多忙な人に適した寝具だといえます。「弾力性」が高いマットレスと相性が良い布団に羊毛をおすすめします。マットレスのクッション性と吸湿性の高い羊毛布団を併せて使用すれば、毎日サラサラとした寝心地をキープできると思います。詳細は『羊毛100%は薄い…!?羊毛敷布団の注意点』をご覧ください。

しかしその構造と引き換えに、マットレスは折りたたむことができません。どうしても場所をとりますから、部屋を広く使いたい人には不向きです。そして通気性が高いということは保温性が低いということでもあるので、秋冬には肌寒く感じがちです。丸洗いもできませんから、お年寄りや小さなお子さんのいる家庭では、限定的な使用に留めたほうが無難かもしれません。

敷布団のメリット・デメリット

一方、敷布団のメリットとしては次のような点を挙げることができます。

  • 折りたためる
  • 丸洗いや天日干しが可能
  • 質のよいものであれば寿命も長い

デメリットは、次のとおりです。

  • 日頃のケアを怠ると劣化しやすい
  • 通気性が悪い

日本の住宅の収納部分は、もともと布団に適したサイズで作られています。そのため、折りたたむことで非常にコンパクトに収納することが可能です。住人が多ければ多いほど、よりスペースの有効利用に繋がるでしょう。また、持ち運びも楽ですので、来客用として使うのにも適しています。このようにライフワーク別、または状況によって適した布団をご紹介します。詳細は『年代、状況ごとにおすすめの敷布団は違う!?』をご覧ください。

ただし布団のメリットを存分に味わうためには、日頃からこまめなケアが欠かせません。布団は湿気を吸いやすいため、雑に扱っているとすぐに弾力がなくなり、保温性・保湿性が失われていきます。カビやダニが発生する原因ともなるでしょう。お手入れさえしっかりできれば長持ちしますが、時間がない人やものぐさな人には不向きかもしれません。