夏のタオルケット選びで押さえておきたい2つのポイント

寝苦しい夏の夜といえば、大活躍してくれるのがタオルケットです。少しでも涼しい格好で眠りたいと考えるのは当然ですが、だからといって何もかけずに寝ると体調を崩してしまいます。軽くて涼しいタオルケットは、日本の夏に欠かせない寝具だといえます。

にもかかわらず、日頃タオルケットを選ぶ際には、深く考えずにデザインだけで選んではいませんか?一見すると同じように見えてしまうタオルケットも、いくつかのポイントに気をつけながら選ぶことで、より快適な眠りを得ることが可能です。

タオルケット選びの2つのポイント

そもそもタオルケットは、「タオル地で作られたブランケット」の総称です。つまり、ざっくりと言えばタオルケットは「大きなサイズのタオル」だと考えることができます。

お風呂上がりや運動時に使われることからもわかるように、タオルの本来の役割は水分や汗を拭き取ることです。そのため吸湿性に優れており、なおかつ、速く乾くように通気性も高いのが強みです。

この吸湿性と通気性という2つのポイントは、実は夏の寝具選びにおける最重要ポイントでもあります。日本の夏は湿気が高くジメジメとしているのが特徴ですから、意識的に湿気を逃がすようにしてあげないと、布団やベッドの中が蒸れて何度も目覚める羽目になってしまうでしょう。加えて、湿気は布団の寿命を縮める原因にもなります。夏だけでなく通年で考えても寝心地を左右する最大のポイントは敷布団ですから、木綿の敷布団なら吸湿性に優れていますのでおすすめできます。その理由は『吸湿性はピカイチ!高温多湿の気候に適した布団』をご覧ください。

このことから、より吸湿性・通気性の高いタオルケットを選ぶようにすると、快適な睡眠に繋がるはずです。

おすすめのタオルケットの素材

タオルケットの素材というと、最もポピュラーなのは綿でしょう。綿は、湿度が高ければ高いほど吸湿性を増すという特徴をもった素材ですので、真夏の蒸し暑い夜にはぴったりです。汗を吸ってもあまりベタベタとしづらいので、肌触りの点でも理想的といえます。

また、リネンやガーゼで作られたケット類も、夏の寝具としては高い人気を誇っています。リネンは肌触りがひんやりとしているため寝心地がよく、ガーゼは軽さが人気の秘密です。いずれも簡単に洗えるということも、主婦目線では嬉しいポイントでしょう。他にも夏の夜を快適に過ごすための方法や布団などをご紹介します。詳しく知りたい方は『オススメの寝具組み合わせ~夏に快眠を得る方法』をご覧ください。

反対に、避けたいのはポリエステルなどの合成繊維です。合成繊維はよほど質の高いものでないかぎり吸湿性に乏しいため、選び方を間違えると汗だくで寝ることになってしまうでしょう。

なお、厚みや質感の選び方については、実際の就寝時のスタイルによっても考え方が変わってきます。扇風機や自然の風だけで寝る場合にはなるべく薄めのものを選ぶほうが水分を吸収してくれて快適ですが、エアコンをつけながら寝る場合には、やや厚めでしっとりした肌触りのもののほうが、寝室のひんやりとした空気を感じやすくなります。