家でも洗える? 布団を丸洗いする方法

布団は毎日肌が触れるものです。にもかかわらず、布団をまめに洗っているという人は意外と少ないのではないでしょうか? 雑菌やダニ等への対策としては、たしかに天日干しだけでも効果的ですが、嫌なニオイをすべて消し去ることはできません。

そこで検討したいのが、布団の丸洗いです。最近は自宅で丸洗いができる布団も増えてきていますので、まずは布団のタグについた洗濯表示をチェックしましょう。洗濯機のマークや手洗いのマークがついていたら、自宅での洗濯が可能です。逆に、水洗い禁止のマークがついている場合は、無理に自宅で洗うと布団の寿命を縮めてしまいます。お近くのクリーニング店に任せるのがベターでしょう。

なお、自宅で洗えると書いてあったとしても、対応している洗濯機が家にあるかどうかは別問題です。強引に押し込まないと布団が収まりきらないような洗濯機であれば、サイズ不足だと判断してください。目安としては、容量7kg以上ならほとんどの布団を洗うことが可能ですが、5kg以下の場合は薄手の布団や敷きパッド程度しか洗えないと考えておきましょう。

洗濯機で洗う場合の具体的な手順としては、まず洗濯ネットを用意します。布団はデリケートな素材でできていますから、直接洗濯機に投入してしまうといたずらに傷をつけてしまうだけです。布団が入るサイズの大きな洗濯ネットは必須です。布団専用のネットも市販されていますので、時間的・経済的な余裕があるのであればぜひ専用のものを用意しましょう。

洗う際のポイントは、先に洗剤液を作って洗濯槽に入れておくことです。ふだんの洗濯では洗濯物を投入したあとに洗剤を入れるかと思いますが、布団のような大きなものだとなかなか隅々まで洗剤の成分が行き渡りません。先に洗濯槽内に洗剤を溶いておけばムラなく染み渡ります。できれば、寝具専用の洗剤を選ぶようにするとなお効果的です。

布団を自分で洗濯できれば経済的に負担が少なく安心ですよね。そんな方におすすめするのは自宅で洗える布団です。素材が軽いエアウィーヴについては『手入れが楽チン!丸洗いOKの敷布団』を、健康に良い製品が豊富なエムールについては『水洗い可能!手入れが楽な敷布団も販売』を、コスパに優れた無印良品については『安価ながら、専門店に迫る品質の敷布団!』をご覧ください。

もし洗濯機が使えないのであれば、そのときは浴槽で丸洗いましょう。浴槽はもともと濡れても問題のない場所ですから、あとの掃除を気にすることなく思う存分洗うことができます。丸洗いの場合も、まず洗剤を水またはぬるま湯で溶いておいて、そこに布団を沈めて染みこませるようにするのが鉄則です。全体を押し洗いしてからすすぐという工程を、2~3回ほど繰り返すとよいでしょう。

布団で洗う場合の注意点としては、事前に天気予報をチェックしておくことが大切です。洗濯機と違って脱水ができないので、よく晴れた日に干さないとなかなか乾いてくれないためです。梅雨の時期や台風の来やすい時期などは避けるとよいですね。