■新型インフルエンザ対策には睡眠が大切!



冬場は空気が非常に乾燥するためウィルスが非常に増殖しやすくなるのです。そのため冬にはインフルエンザウィルスが猛威を振るい人間が感染しやすくなるのです。感染すると一般的な風邪とは違う症状に見舞われます。

くしゃみ、咳、鼻水、嘔吐、下痢をはじめ40度近くの高熱が出るのが特徴的です。放置すると肺炎などを併発し死に至ることもあるので、高齢者や子供は特に気をつけなければいけません。

インフルエンザに感染しないためには、何よりも身体の免疫力や抵抗力を高める対策をとることが大事になってくるのです。最も抵抗力、免疫力を高めるのに有効な方法は睡眠をしっかりとることなのです。できれば夜10時には床に就き7時間以上寝ることが理想的です。

インフルエンザ対策として免疫力や抵抗力を高めるのに睡眠を十分とることは非常に有効なことです。しかし単に10時以降に長く寝れば良いということではありません。

空気が感染していると、寝ているときにウィルスが気道に侵入し感染する可能性があるので加湿器を充分かけて湿度50%以上にして就寝することを心がけましょう。またインフルエンザ対策として免疫力や抵抗力を高めるのに睡眠だけでなく腸内環境を整えることが大事です。

腸内環境を整えるのは食物繊維が豊富な緑黄色野菜やカゼイ、シロタ株、LG、ビフィズスなどの乳酸菌豊富なヨーグルトを摂取することも意識してみてください。

こうした食生活をすると腸内の悪玉菌が排除され善玉菌の好環境になり、正常な腸の蠕動運動が行われ便秘も解消され免疫力が高まるのです。また最近流行の酵素ドリンクなどで腸内環境を善玉菌の好環境に整え免疫力を向上させウィルスや細菌に強い身体を作ることも大切です。