■理想的な睡眠を実現する方法



理想的な睡眠とは、ぐっすりと熟睡して翌朝すっきりと前日の疲れも取れて、気持ち良く起きることができることです。では、どのようにすれば、理想的な睡眠を実現することができるのでしょうか。

基本的には、精神的にも身体的にもリラックスさせることがとても大切です。また、体温が眠りに入るためのちょうど良い状態になっていることも必要になってきます。

その他、眠る部屋である寝室の環境、寝具などについても、しっかりとチェックする必要があります。生活リズムが整っていることも大切ですし、適度な運動や仕事などで身体が心地良く疲れていることも必要になってきます。それらの条件がそろえば、理想的な睡眠をとることができるのです。

理想的な睡眠を実現するためには、毎日、決まった時間に起床することが大切です。体内時計をきちんと合わせるようにしましょう。日中、太陽の光を浴びて動くことも必要になってきます。

就寝の2時間前以内に食事をすると、胃が働いているため眠れなくなるので注意するようにしましょう。入浴は湯船にしっかりと浸かりましょう。但し、熱い湯は目が覚めてしまうので、38度程度の湯にしておきます。就寝前に軽いストレッチをすると眠りやすくなります。

また、目が冴えて眠れなくなるので、テレビやパソコンなどは寝る前には見ないように気を付けましょう。その他、静かで仄かな明かりの中で眠るようにすることが大切です。

眠れない場合は精神的にリラックスしていないことがあるので、氷枕などで頭を冷やしてみるようにしましょう。頭寒足熱にすることで、良質な睡眠をとることができます。このように、理想的な睡眠を実現するためには、いろいろな工夫が必要となってきます。

>>理想的な睡眠のための敷布団選びはこちらから