■寝苦しい梅雨でも快適に睡眠するためのポイント



梅雨の時期というのは湿度がぐっと高くなるので寝苦しい日々が続くことがあります。じっとりとした室内ではなかなか心地良い睡眠につくことができないので、寝返りの回数ばかりが増えて眠ることができない日も多いようです。

最近では梅雨から夏場にかけて快眠ができるための寝具が多数開発されて売れ筋商品となっています。例えば、シーツでも特殊素材を織り込んでいるので、肌に触れるだけでひんやりと気持ち良いシーツが巷では売れ筋の商品となっているようです。

さらに、シーツばかりではなく、タオルケットや掛け布団でもそのような特殊な繊維を加工してあるので、肌に触れるだけでひんやりとして寝苦しい夜も快眠を得ることができます。

梅雨の時期というのはお風呂に入った後でも肌がベタベタして不快感のために眠れないことがあります。効果的な対処方法としては、夜寝る前に寝室の除湿を掛けておくことで入浴後でもさらっとしていて快適な睡眠を得ることができます。

除湿は室内の湿度を下げてくれるので、梅雨の時期には持って来いの機能です。夜中点けておく必要はないのでタイマーをセットしておけば心地よい睡眠につくことができてオススメです。

おまけに夏でも肌に触れるとひんやりとした快眠グッズを使用すれば心地よい眠りにつくことができるので併用すると良いでしょう。扇風機は、それだけでは梅雨の湿気を解決することにはならないので使用するのであれば除湿と併用することが得策です。

寝室にクーラーがついていればドライだけで十分室内は快適になるので扇風機の出番は夏に入ってからとなるでしょう。このように心地良い睡眠のためには工夫をすることが必要となってきます。