■寒い冬でもポカポカ睡眠するコツ



寒い冬がやってくると、なかなか眠りにくくなってしまうことがあります。頭寒足熱が最も良質の睡眠には良いのですが、冬になると布団の中は氷のように冷たくなってしまいます。せっかく入浴して温まっても足が冷えてしまい、眠れなくなるでしょう。

また、部屋の温度自体がとても低い場合、首筋が冷えてしまって背中も寒くなり、眠れなくなってしまいます。眠れないと体調を崩し風邪を引いてしまうかもしれません。

そのようなことにならないためにも、寒い冬には、身体を上手く温められるようにすることが大切なのです。ポカポカ睡眠をするには、足を温めること、身体全体を温めること、首筋を温めることなどがあります。

寒い冬でもポカポカの身体で快適に睡眠するコツは色々とあります。まず、寝巻きを暖かいものにするようにしましょう。首を温めることもとても大切です。ネックウォーマーがオススメですが、あまり締め付け過ぎない肌触りの良いものを選ぶようにします。

また、布団は羽毛布団を選び、上から軽い毛布を重ねるようにしましょう。布団だけだと冷気が入ってきてしまうので、上から毛布を掛けた方が良いのです。敷布団は毛布タイプのものを選ぶと、とても暖かく眠ることができます。

足元の冷えには湯たんぽが最適です。電気のものではなく、お湯を入れる湯たんぽを選ぶようにしましょう。適度な湿気を出してくれるので風邪の防止にもなりますし、身体が温まるのとは逆に冷えていくので、体温調節がしやすいです。

湯たんぽは色々なものがありますが、シリコン製のものが足にも柔らかい感触でオススメです。このように、寒い冬にポカポカ睡眠するコツは色々なものがあります。