マットレスを選ぶときのポイント

マットレスには構造や素材による種類の違いがあり、商品によって硬さやサイズはさまざま。

自分にあっていないと寝心地が悪くなって熟睡できないだけでなく、腰痛や倦怠感などの身体の不調を引き起こしてしまいます。

マットレスは次の3つのポイントを重視して選びましょう。

正しい姿勢で眠れるか

マットレスは寝ている体の姿勢を支える寝具です。

仰向けで寝た時が一番安定し、体に負担がかかりません。マットレスは仰向けで寝たときに心地よいと感じるものを選びましょう。

ポイントは背骨のS字カーブが、立ったままの状態で維持できるかどうか。

マットレスが硬すぎると体の接地面がうっ血して寝苦しくなり、逆に柔らかすぎると腰に体重が集中して腰が痛くなるので、体圧分散性にすぐれた商品を選びましょう。

寝返りしやすいか

私達は血流の停滞を防ぐために、就寝中は頻繁に体を動かします。

寝返りができないと圧迫感から眠りから覚めてしまうので、寝返りが打ちやすいことも重視してマットレスを選びましょう。

マットレスは硬すぎず、柔らかすぎないものが理想的。

腰が沈むと寝返りが打ちにくいので、腰をしっかり支える硬さがあるか確認をしてください。

通気性に優れているか

人間は冬でも就寝中にコップ1杯分の汗をかきますので、通気性の良さも重要です。

私達が住む日本の気候は、季節によって非常に高温多湿。

蒸れると寝苦しくなって熟睡できませんし、朝方になると体が湿気で冷えて、体調を崩してしまいます。

湿気や皮脂をエサに、寝具にカビや雑菌、ダニが繁殖するリスクも見逃せません。

通気性の良さだけでなく、アレルギーを起こさないように抗菌・防ダニ加工などが施してある商品がおすすめです。

目次へ

マットレスの種類や硬さについて知っておこう

一口にマットレスといっても、素材や構造によって種類の違いがあります。

硬さなどの特徴や寝心地も変わってくるため、それぞれの違いをしっかり理解してきましょう。

マットレスの種類

一般的にマットレスには、次の4つの種類があります。

それぞれの特徴から自分にあったもの、使いやすいものを選びましょう。

l  ボンネルコイルマットレス

らせん状に巻いたコイルスプリングを連結させて支えるタイプのマットレス。

弾力が非常に強く、寝ている体をしっかり支えます。

通気性が良く、硬さが程良いのですが、その反面揺れが大きく、寝苦しさを感じる人もいます

l  ポケットコイルマットレス

コイルマットレスを一つずつ小さな袋に入れて並べた構造。

スプリングがそれぞれ独立して沈むため揺れが少なく、高いフィット感が得られます。

体圧分散に優れますが、体重が重い人は体が沈み過ぎて、寝苦しくなることも。

生産コストがかかるためボンネルコイルに比べると割高です。

l  高反発マットレス

ウレタン素材を使った、汎発性の高いマットレス。程良い硬さと沈み込みで背骨を理想な状態に支え、寝返りもしやすいと人気があります。

ダニなどが繁殖しにくく、耐久性が高いのも人気の秘密。

その反面で通気性が悪く、季節によって硬さが変わって使いにくいと感じる人もいます。

l  低反発マットレス

ウレタン素材を使った衝撃吸収素材。横たわるとゆっくりと体が沈み込み、包み込まれるような寝心地です。

フィット感が良いので体を圧迫せず、寝返りの回数が減るといったメリットも。

床ずれ防止に医療現場でも使われていますが蒸れやすく、腰が痛い人は逆に柔らかすぎて腰痛を悪化させるリスクがあります。

マットレスの硬さ

マットレスの硬さは素材にも左右されるため比較が難しいのですが、一般的にはソフト・ミディアム・ハードの3つに分かれています。

寝心地の好みもありますが、体重や体形に合ったものを選びましょう。

例えば60~70kg程度の体重が軽い男性や小柄な女性は、硬すぎると体が沈まずに負担が増えるので、ソフトタイプの商品がおすすめ。

70kg~80kgぐらいの男性や平均的な体型なら、ミディアムタイプを選びましょう。

ソフトとハードの中間程度の硬さなので、どの硬さが良いかわからない初心者やマットレスのお試し購入にも最適です。

体重80kg以上の大柄な人は、体を支える力が強いハードタイプがおすすめ。反発力が強いと繰り返し体重をかけても潰れにくいので、安心です。

目次へ

自分の身長に合わせてマットレスを選ぼう

マットレスは寝姿勢を支えるものですから、充分なサイズ感があるかどうかも注目しましょう。

一般的にマットレスには次のようなサイズのバリエーションがあります。

l  シングル

大人一人が眠れるサイズ

l  セミダブル

大人一人が広々と眠れるサイズ

l  ダブル

夫婦用、大人二人が眠れるサイズ

l  クイーン

大人二人が広々を眠れるサイズ、夫婦プラス子供一人用

l  キング

大人二人と子供二人でもゆったりと眠れる余裕のあるサイズ。

サイズによる寝心地は個人差が大きく、男性と女性でも感じ方が違います。

お部屋の広さとの兼ね合いもあるので、生活空間を圧迫せずに無理なく敷ける範囲で、好みのサイズを選ぶといいでしょう。

身長が高い、体が大きいなど、既成のサイズでは寝心地が悪い人もいますよね。

そんな場合は身体のサイズに合わせた、オーダーメイドのマットレスを選ぶのも選択肢の一つ。

静岡県の老舗ふとん店、櫻道ふとんの「腰いい寝リッチ」なら、一人ひとりの身体の大きさに合わせたサイズオーダーはもちろん、マットレスの硬さも3つのタイプから選べます。

熟練の布団職人が一つ一つ手作りで作るマットレスなので、使いやすさはお墨付き。

櫻道ふとん店では専門知識を持った店員が寝心地の好みに合わせたマットレス選びや、掛け布団との組み合わせ方などのアドバイスにも対応しています。

布団選びに迷ったら、櫻道ふとん店に一度相談してみるといいでしょう。

 

目次へ

まとめ

マットレスにはさまざまな商品があり、目移りしてしまいがち。

ですが一番大事なのは、自分が気持ちよく眠れるものを選ぶことです。

布団専門店のアドバイスも参考に、種類や硬さ、サイズなどを賢く見分けて、使いやすい理想のマットレスを選んでいけるといいですね。