まずはシーツの役割を知ろう!

シーツも寝具の一つですが、どちらかというと布団の影に隠れていて、必要性や選び方の重要性を感じない人もいます。

ですが、シーツは布団で眠る時に欠かすことができません。

普段何気なく使っているシーツが果たす役割を、しっかり理解しておきましょう。

シーツの役割

シーツは敷布団やマットレスの上にかぶせて使う、大判の布のこと。布団カバーと同じように、主に布団の汚れ防止のために使われます。

布団は直接私達人間の肌に接しているため、汗や皮脂などが浸み込んで汚れてしまいます。

放っておくと汚れや嫌な臭いがついて眠りにくくなってしまいますし、汚れや水分をエサにダニやカビが繁殖して、アレルギーなどの健康被害をもたらすかもしれません。

これを防ぐために使うのが、シーツです。

シーツは布団すっぽり覆うことで、寝ている体からでる汚れから布団をしっかりガード。簡単に布団からはがしてこまめに洗濯をすることができるので、布団がいつも衛生的に使えます。

布団の上に直接寝ていると、手足の爪で布団の側生地を破ってしまう可能性もありますが、シーツを1枚かぶせておけば、破損の心配もありません。

価格の高い高機能な敷布団でも、シーツがあれば安心。布団の寿命を延ばして、快適に使うことができます。

その他にも、シーツの素材によっては肌触りを向上させる、保温性をサポートするなど、シーツはさまざまな役割を担っています。

目次へ

シーツ選びのポイントは?

シーツを布団のようにこだわって選ぶ人は少ないのですが、シーツにもさまざまな商品があります。

自分にあったピッタリのシーツを選ぶポイントをご紹介していきましょう。

シーツ選びのポイント

自分好みのシーツは、次の要領に沿って選んでいきましょう。

・  タイプ

シーツは形状によって、フラットシーツ・ボックスシーツ・ワンタッチシーツの3つのタイプがあります。組み合わせる寝具や使い方にあわせて、タイプを選びましょう。

1枚布のフラットシーツは布団の種類やサイズを選ばず使えて便利ですし、洗濯もしやすいのが魅力です。

マットレスに対応するボックスシーツや敷布団に対応するワンタッチシーツは全周ゴム入りなので、布団にかけるのが簡単。

寝ているときにときにずれにくいので、いつでも快適に眠れるというメリットがあります。

・  素材

寝具の肌触りは寝心地を左右しますが、布団の側生地の冷たさやゴワつきが気になって眠れないとき、シーツだったら気軽に寝心地の改善ができます。

素材は好みの肌触りで選びましょう。サラッとした肌触りが好きならコットンやリネン、柔らかめが好きならパイルや、ガーゼがおすすめ。

冬用にあたたかい、起毛素材のシーツもあります。

・  サイズ

敷布団のサイズにあわせて、シングル・セミダブル・ダブルから選べます。

フラットシーツは幅広いサイズの布団に対応できますが、ボックスシーツやワンタッチシーツを選ぶ場合は、使っている敷布団のサイズに対応しているか確認が必要です。

・  色

汚れが目立つ白や、リラックス感を醸し出す淡い色のシーツがおすすめです。

敷布団やお部屋のテーマカラーにあわせて選ぶとインテリアのアクセントになり、模様替えがしやすくなります。

季節に合わせた機能も!

シーツの中にはさまざまな加工を施した、機能に特化した商品もあります。季節や家族の状況ににあわせて、シーツの機能にも注目して選びましょう。

夏におすすめなのは、肌触りがひんやりとした冷感タイプのシーツ。さらりとした肌触りと汗を吸って気化熱で火照った体を冷やすので、熱帯夜でも安心です。

冬の寒さ対策には、暖かな肌触りの温感タイプのシーツを選ぶといいでしょう。毛布と組み合わせれば、サンドイッチ効果で保温性が高まります。

小さな子供のいる家庭では、おねしょ対策に水を通さない防水シーツを。布団を汚すことがありませんし、ママの育児手間とストレス軽減に効果的です。

抗菌・防ダニ加工のシーツと合わせるなら、櫻道ふとん店の腰痛対策マットレス「腰いい寝リッチ」を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

腰いい寝リッチは防ダニ加工が施された、安全な寝具。シーツとのWパワーで使えば、小さな赤ちゃんや敏感肌の人のアレルギー対策もバッチリです。

櫻道ふとん店は静岡県の御殿場に店を構える、老舗の布団専門店。布団だけでなくシーツの種類も豊富なため、布団一式をまとめて購入できて便利です。

寝具選びに迷ったら、櫻道ふとん店に相談してみるといいでしょう。

目次へ

シーツもこまめな手入れを!

シーツは布団の替わりにまるごと洗って衛生的に使えるのが魅力ですが、洗い方を間違えると気持ち良く使うことができません。

シーツの洗濯方法もしっかり覚えておきましょう。

シーツは週に1回~月に1回の洗濯をしよう

シーツはこまめに洗濯をすることが大事ですが、最低でも1ヶ月に1回は洗濯をしたいところ。

夏はきれいに見えても寝汗をたくさん吸い込んで汚れますので、週1回を目安に洗うことをおすすめします。

シミや汚れには直接洗剤をつけて洗いますが、家庭の洗濯機を使う場合は必ず洗濯ネットを活用しましょう。

洗濯中に引っ張られることによる型崩れを防いで、シーツを長く愛用することができます。

ボックスシーツやクイックシーツは縫い目の部分にホコリやダニの死骸などがたまりやすいので、洗濯する前に掃除機をかけるか、よく振ってホコリを払ってから洗いましょう。

干すときには直射日光は避けて!

シーツは干し方も大事です。薄手のシーツは紫外線に弱いので、直射にあてるのは避け、風通しの良い場所で干しましょう。

大判の寝具は干しにくく乾きにくいのですが、干場が狭い場合は物干し竿2本を上手に活用してください。

2本の物干し竿をまたぐようにシーツを掛け、横から見てM字型になるように整えましょう。風に触れる面積が増えてスピーディーに、しっかりシーツが乾きます。

目次へ

まとめ

シーツは大事な敷布団の寿命を延ばし、快適に眠るためにも欠かせないアイテムです。

洗い替え用に、敷布団1枚に対してシーツ2~3枚を持っておくといいでしょう。

シーツにもさまざまな商品がありますから、多くの商品の中からお気に入りのシーツを選んでください。

シーツの選び方に迷ったら、布団専門店での購入を検討しましょう。

「腰いい寝リッチ」を販売している櫻道ふとん店なら、専門店ならではの品揃えで、素材も種類も選べて自由に選べます。

シーツ選びに迷ったら、櫻道ふとん店に相談してみるといいでしょう。