子供用の夏布団に要注意!寝汗や寝冷えの原因に

夏だからといって、寝冷えをしないわけではありません。暑くてかいた寝汗によって体が冷えて、寝冷えにつながることもよくあります。寝汗をかきやすい子供だからこそ注意したいのが布団です。

子供は寝汗をかきやすい

 

子供は大人より寝汗をかきやすいもの。冬の寒い夜でも、寝汗を多くかいている子供を見て驚く親も少なくありません。

体には、眠っている間の体温を低く保とうとする働きがあり、とくに入眠後に汗をかくことで体温を下げようとします。そもそも子供は大人より体温が高めであることにくわえ、新陳代謝も活発です。そのため、大人より寝汗をかきやすいのです。

また、大人より体温が高めであることで、大人が快適に感じる室温でも「暑い」と感じる場合もあります。対して、「エアコンで涼しいから」と考えて大人と同じようにしっかり着せていると、暑くて寝汗をかいてしまうこともあります。

布団についても、同じことがいえます。何度かけ直してあげても、すぐに布団を蹴飛ばしてしまう場合は、薄手の布団に変えたほうがよいでしょう。

子供は寝冷えしやすい

 

近年の真夏には、熱帯夜が続くことも珍しくなく、夏場は一晩中エアコンを使用しているという家庭も多いことでしょう。また、春から夏にかけて、夏から秋にかけての季節の変わり目は、寝るときに暑くても明け方に冷え込むこともあります。

そのようなことから、夏でも薄手の布団だけでは心配だというお母さんの声も聞かれます。とはいうものの、厚めの布団にすればすぐに蹴飛ばすなど、気が付けば布団の外で寝ていることがあります。このような状態になると、寝冷えが心配となってしまいます。

子供は、たとえ快適な気温であったとしても、活発に動いて布団を蹴飛ばしてしまうものです。そのたびに、親は布団をかけ直すことを一晩中行うわけにはいきません。

そこで大切になってくるのが、季節に応じた布団の選択と対策です。

目次へ

子供用の夏布団対策

子供用の夏の布団対策を、掛布団・敷布団に分けて見ていきましょう。

掛布団の対策

 

先ほども触れたように、寝冷えが心配だからと、厚めの掛布団を掛けることや、何枚も重ねて掛けるのは逆効果。すぐに暑がって蹴飛ばしてしまいます。まずは、かけ過ぎないことに注意しましょう。

また、掛布団が重いと寝返りが打ちにくくなり、睡眠の質の低下につながるため、軽い素材のものがおすすめです。さらに、寝返りを打ったときにも体から外れにくい大きめサイズを選ぶとよいでしょう。

とはいえ、そういった対策を取った場合でも、元気な子供はおとなしく掛布団の下に収まって寝てくれるとは限りません。

対策を取っても掛布団を蹴飛ばしてしまう場合は、腹巻やレッグウォーマー、スリーパーなどをパジャマの上から着せる。長そで・長ズボンのパジャマにする。などのように、掛布団が掛かっていなくても寝冷えをしないような工夫をしましょう。

パジャマは、熱がこもりにくく、吸湿性と肌触りに優れた綿100%のものがおすすめです。

なお、手足から熱を発散させるため、睡眠時の靴下や手袋は避けましょう。

敷布団の対策

 

夏用の敷布団には、通気性がよく涼しく眠れることが求められます。しかし、掛布団は夏と冬で変えることはあっても、夏用・冬用の敷布団を、それぞれ揃えている家庭はそれほど多くないのではないでしょうか。

そこで、夏の敷布団対策としては、通気性・吸湿性のよい綿の敷パッドや冷たい感触の敷パッドを敷布団の上に敷くのが、手軽でおすすめの方法です。

また、子供の頃からベッドで寝ているというケースも増えてきていますが、マットレスは布団に比べて厚いため、素材によっては蒸れの原因になることもあります。

ほかにも、柔らかめのマットレスは体が沈み込みすぎてしまい、骨の正常な成長を阻害することにもつながるため、避けたほうが無難です。

どのようなマットレスにすればいいのか迷う場合は、櫻道ふとん店の「腰いい寝リッチ」がおすすめです。「腰いい寝リッチ」は、表面に凹凸加工が施されているため、通気性がよく蒸れにくいのが特徴。蒸し暑い夏の夜でも快適に眠ることができます。

さらに、トルマリンを使用した温泉綿から放出される遠赤外線が、体の内部をじんわりと温めてくれるため、寝冷え防止にも効果的。布団自体が温かいわけではないため、暑くて眠れないということはありません。

硬さも3種類揃っているため、子供にも最適なマットレスが選べます。

目次へ

夏には子供の寝具のお手入れを!

 

大人でも一晩にコップ1杯程度の汗をかくといわれます。夏場は子供の場合、その2~3倍は汗をかくため、何もせずに寝具をそのまま使い続けていると、ダニやカビが発生する可能性が大いにあります。

そして、寝ている間にダニやカビを吸い込むと、アレルギーの発症につながることもあるといわれています。そのため、夏場はとくに子供の寝具を清潔に保ってあげる必要があります。

まずは、布団に付いている洗濯表示を確認し、水洗いのできるものは定期的に洗うこと。その際、中綿の偏りを防ぐために、きちんと畳む・丸めるなどして、洗濯している間に形が崩れないように気を付けましょう。

また、洗剤が残らないよう、すすぎも十分に行ってください。洗えない布団は、こまめに天日干しをします。このとき、ダニの致死温度である60℃以上にするために、布団の上に黒い布やビニール袋などをかけておくことをおすすめします。

目次へ

まとめ

夏の暑い1日を外で元気で走り回ってくる子供には、快適な環境でぐっすりと眠らせてあげたいものです。そのためにも、よい寝具選びはとても重要です。

子供が1日の半分近くを共にし、子供の健やかな成長を促すアイテムでもある布団。じっくりと検討して、最適なものを選ぶようにしましょう。