布団を見せる収納と隠す収納

布団 しまう 場所 が ない 見出し1

布団をしまう場所がないご家庭におすすめの、布団収納アイデアをご紹介していきましょう。

ご家庭での布団の収納方法は、あえてしまわない「見せる収納」と、押し入れやクローゼットなどにしまう「隠す収納」に分けられます。ご自宅の収納事情にあわせて、布団をきれいに保管できる方法を選ぶと良いでしょう。

見せる収納

押し入れのないワンルームマンションや、クローゼットが狭くて布団をしまう余裕がないときにおすすめなのが、見せる収納です。これは文字通り、布団をお部屋で出しっぱなしにする収納方法ですね。

見た目が気になる場合はコンパクトにたたんで、大きな布やカバーをかけ、ソファーやクッション代わりに使うと良いでしょう。中に布団を入れて使う、専用のクッションカバーも市販されています。使わない寝具をまとめてさりげなくお部屋で活用できるので、ぜひ試してみてください。

生活スペースを広々と使いたいなら、ベッド横などに布団ラックなどの布団収納家具を置き、きれいにたたんで乗せておくという方法もあります。きちんとたためば、出しっぱなしでも見た目はそう見苦しくありません。

布団ラックを使うことで床から離すことができ、フローリングとの接地面に湿気が溜まってカビが発生するようなことも防げます。ラックがキャスター付きなら移動でき、お掃除もしやすいでしょう。

隠す収納

押し入れやクローゼットなどの収納場所はあるものの、狭くて布団をしまうスペースがない場合は、一工夫して隠す収納がおすすめです。布団は畳んで横置きするものといったイメージがありますが、布団は縦置きにして収納することもできますよ。

奥行や幅がないクローゼットでは、布団をサイズ調整してたたんでから、端からくるくる巻いて、紐やゴムでしっかり止めて縦置きすると良いでしょう。出し入れも簡単なので、腕力のない女性にも試して欲しい収納方法です。

その他にも、布団圧縮袋に入れて空気を抜いて薄くするか、布団パックに入れてスリム化するのもおすすめです。ビニールの布団圧縮パックに入れて密封すれば、カビやダニが繁殖する心配もありません。

布団パックは、ニトリなどの家具量販品店でも購入ができますが、布団を中に詰めると自立するため、これも縦置きに収納が可能です。布団が崩れることもなく、クローゼットの上棚なども利用できますので、少し目先を変えて、お部屋の中の空きスペースを賢く活用してみてください。

目次へ

収納する前に行うこと

布団 しまう 場所 が ない 見出し2

続いて、布団を長期間収納する前のお手入れの仕方を解説していきましょう。

布団をしまう場所がなく、見せる収納をする場合も、きちんとしたお手入れが必要です。
使ったまま長期間保存すると布団に嫌な臭いが付き、カビやダニの温床になりやすいため、しっかりケアしてください。

洗濯から乾燥

布団を長期保存する場合は、可能であれば洗濯をしてから、しっかり乾燥させて収納するのが理想です。見た目がきれいでも、ワンシーズン使った布団には寝汗や皮脂などの汚れが浸みこんでいます。布団の洗濯表示を確認して、洗えるものは汚れをきれいに落としましょう。

洗濯後は布団をしっかりと乾燥させることが大事です。
生乾きのまま収納するとダニやカビが繁殖するリスクが高く、劣化がすすむため、しっかり乾かしましょう。

費用はかかるものの、布団専門店のクリーニングを活用するのもおすすめですよ。

以下の記事でも、布団を長期間保存するための洗濯から乾燥までの流れを紹介しておりますので、ご覧ください。
→「冬布団を長期間収納する方法と布団の扱い方」(2月【冬 布団 収納】へ内部リンク)

収納スペースの湿気を飛ばしておく

隠す収納をする場合は、収納場所のケアが必要です。

布団を収納する場所は湿気がこもらない場所を選ぶべきですが、押し入れやクローゼットはどうしてもじめつくため、布団を入れる前に扉を開けて風通しを良くし、湿気を取り除いておくと良いでしょう。扇風機で風を送るか、除湿器を使うのも効果的です。

湿気は下に落ちるため、押し入れの棚板や布団との間がじめついて、いつの間にかカビが発生することも多いです。押し入れ用のすのこや、除湿シート・防虫シートも上手に活用して、収納場所をきれいに保ってくださいね。

目次へ

買い替えるのも手段のひとつ

布団 しまう 場所 が ない 見出し3
最後に、来客用や季節ものの布団をきれいに収納する方法や、収納を考えた布団の買い替えのポイントを解説していきましょう。

布団をしまう場所がない、収納しにくくて困っているなら、今使っている布団を買い替えるのも選択肢のひとつです。

来客用や季節外の布団

毎日使うものではなく、使用頻度が低い場合は布団の種類に分けて、布団用ケースに入れて収納するときれいにまとまります。来客用・季節寝具と分けて、色や素材を統一しておけば見栄えが良く、スムーズに布団を取り出すことができて便利です。

布団に対応するシーツやカバーなどのリネン類も、きれいに洗濯をしてから引き出しに保管しましょう。冷感素材のシーツやボアといった保温性の高いカバーなど、季節布団に固有の寝具類を本体と組み合わせて、セット収納しておくと安心です。

収納しやすいサイズの布団へ

今使っている布団が収納しにくく、寝心地も悪いなら、買い替えることも検討してみてください。

日本は四季の寒暖差が激しく、季節ごとに布団を使い分ける必要がありますが、素材や構造の工夫でオールシーズン使える布団も登場しています。シーズンオフに収納する布団を減らせるため、狭いワンルームに単身居住する、学生さんや新社会人にもおすすめです。

新しい布団に買い替えるなら、櫻道ふとん店をはじめとする布団専門店での購入がおすすめです。布団は身近なデパートや家具量販品店でも購入できますが、どうしても素材が限られ、時期が外れると季節寝具は手に入りにくくなりがちです。

布団専門店であれば豊富な品揃えで、好みのスタイルにあわせて布団を選ぶことができ、無駄がありません。布団選びで悩んでいるなら、一度櫻道ふとん店に相談してみてはいかがでしょうか。

なお、買い替え後の布団の処分方法は、お住いの自治体によって異なります。購入した後で慌てないよう、事前に確認しておくと安心です。

目次へ

まとめ

布団をしまう場所がないからといって、寝具を使わないわけにはいきません。

布団はアイデア次第で、コンパクトに収納することも可能です。必要に応じて買い替えも検討し、無理なく季節に応じた寝具を使い分けてください。