厳しい冬!暖かい布団はどう選ぶ!?

冬の布団選び1年のうち、もっとも寝具の質が大切になる季節といえば冬です。薄くなった敷布団、保温力のない掛け布団では、寒さのあまり夜中に目が覚めてしまうことも…。良質な寝具を使わないと、とても暖かい睡眠環境を維持することはできません。

また、冬は布団内と床の温度差によって結露が発生することも多く、布団のケアに気を遣う時期です。冬場を健康的に乗り切るためには、暖かい高品質の布団を大切に使うことが何より重要といえます。

結露に注意!冬場の布団ケア法

冬は結露に注意さて、冬場に必要な布団のお手入れといえば、何を置いても結露の防止です。寒い冬は、布団内の空気と、床面の空気に温度差が生じますから、布団内から漏れた空気が冷やされることで、水蒸気が水に戻る結露が発生します。結露した水は敷布団の下に溜まり、布団の裏側を水浸しにしてしまうのです。

布団に水気がつくと、汗や垢を養分としてカビ、ダニがどんどん増殖していきます。いくら真冬でも、人の体温で暖められる布団内なら、カビやダニはいくらでも増殖できるのです。夏と違って、人があまり衛生面を気にかけていませんから、気づいたときには裏面がカビだらけ…というケースもあります。

カビやダニの繁殖を防ぐためには、起きてすぐに布団を上げ、裏返しの状態で干すことが必要。また、敷布団の下に断熱材として、カーペット、マットを敷くことでも結露を緩和できます。ただし、過信せずにカーペット、マットごと時々は干すようにしてください。

オススメの寝具組み合わせ~寒い冬を暖かく過ごす!

冬に使う寝具の選び方は非常にシンプルといえます。この季節は、保温力の高い寝具こそ、すなわち優れた寝具と言えるからです。

ただし、掛け布団に関しては1つだけ別の注意点があります。それは、いくら保温性が高くても、厚くて重い布団はNGだということ。重たい布団は身体を圧迫し、快眠度を大きく下げてしまうからです。具体的にいいますと、木綿の掛け布団は、保温力を上げようとすると分厚くなってしまうので、冬場の掛け布団にはあまり向きません。

薄くても保温力の高い掛け布団としては、遠赤外線の力で身体を暖めてくれるトルマリン綿の布団、あるいは高品質の羽毛布団が良いでしょう。

また、毛布については同じく遠赤外線の作用が期待できるサンゴを素材とした製品、あるいはラクダの毛を使ったキャメル素材の製品がオススメ。他の追随を許さない圧倒的な保温力を持っています。

冬場の冷気を遮断する敷布団

保湿力と断熱性の高いトルマリンを使用した布団がおすすめ敷布団に関しては、間違いなくトルマリン綿を使用した製品がオススメです。保温力にかけては抜群ですし、断熱性が高いので暖気が床面に行き着かず、結露などのトラブルを起こしにくいのが特徴。現状では、それほど広く知られた素材ではありませんが、真冬の寒さをしのぐ上では、もっとも適した敷布団といえます。

どうしても、木綿、化学繊維の敷布団を使うのであれば、下にマットレスを敷くなどすることが必要。こういった素材だと、布団単体では断熱効果が低すぎるからです。

ピックアップ>>>トルマリンでカラダを温め、快眠&保温力&通気性&防ダニの敷布団は?

まとめ~冬の夜を暖かく過ごせる寝具はコレ!

真冬の夜を過ごす布団は、何を置いても保温性を重視しなければなりません。トルマリン綿の入った布団をはじめ、保温性を極限まで高めた素材で作られた製品を選びましょう。そういった新しい素材の布団にも、比較的リーズナブルな製品はありますから、まずは探してみることが肝要です。

《冬の推奨寝具》
▶敷布団…トルマリン綿の製品
▶掛け布団…トルマリン綿、または上質な羽毛布団
▶毛布…化石サンゴ、またはキャメルの毛布

ピックアップ>>>そのほか、具体的に布団を探してみる!