■質の良い睡眠をとる習慣がツルツル美肌を作り上げる


エストロゲン睡眠は健康を司る非常に重要なものです。眠りの質が悪いと、頭の回転が悪くなって思考力が低下したり、免疫力が低下することによって身体に様々な悪影響が見られるようになるのです。

眠りの質が悪くなるとは、熟睡できずに途中で何回も目覚めたり、なかなか入眠できずに寝不足が続くことを言います。

また早寝早起きができないと、自律神経が乱れ体内時計が狂ってしまうほか、女性ホルモンのエストロゲンなどが分泌されなくなるので、美肌を妨げることになります。

早寝早起きを心がけ、熟睡することが健康と美容を維持する秘訣です。良質な睡眠のためには、睡眠する環境を整えたり、運動やエクササイズで身体を動かすことがオススメです。

美肌のためには良質の睡眠を十分とり、女性ホルモンであるエストロゲンを大量に分泌することが大切です。また睡眠すると、エストロゲンのほかに若返りホルモンであるサーチュイン遺伝子なども大量分泌されることになります。

そのため入眠する時間にも注意が必要であり、できれば美肌のゴールデンタイムと言われる時間に眠ることがオススメです。午後10時から早朝3時が最もホルモンやサーチュイン遺伝子が分泌される時間帯であると言われています。

この時間には熟睡できるように日々の生活を見直す必要があります。また朝起きた時に太陽の光を浴びるように努めることが大切です。そのことで自律神経の乱れが整い、体内時計がリセットされホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。

またこのような睡眠リズムを整えることでバストアップなども目指せます。睡眠は健康維持だけでなく、女性の美容効果を高めるのに非常に効果があるのです。