赤ちゃんの布団は安全・快適で選ぶ

赤ちゃんを寝かせる最大のポイントは安全面!ベビー布団のおすすめの選び方とは?1日の大半をベビー布団で過ごす赤ちゃん。その赤ちゃんが快適に過ごせるように寝具を選びたいのですが、生まれたばかりの赤ちゃんを寝かせるための布団はどのようなものが良いのでしょうか?
ここでは、赤ちゃんに快適・安全な睡眠環境を提供するために必要な知識をまとめましたのでご紹介します。

とくに気をつけていただきたいのは、やはり安全面です。
稀に“寝ている時に気道が確保できなくなって窒息する…”といった痛ましい事故も起きていますから、寝具選びに手を抜くことは許されません。ベビー布団を購入する前に、ぜひ、赤ちゃんの寝具を選ぶ基本を参考にしていただければ幸いです。

ベビー布団の種類はどれくらいあるの?

ベビー布団は基本セットとして下記のようなセット組みになっています。

  • 敷布団
  • 掛け布団/カバー
  • 肌布団/カバー
  • シーツ

これら以外にもあったら便利なものとして、敷きパッド、ガーゼケット・毛布、おねしょシーツ、ベッドカバーなどがあげられます。オールシーズン使えるものであればさらにベストですね。
※まくらに関しては、スリーピングピローなどの機能を重要視して別途購入する方が多いため、セット組みなしもあります。

また、外出したときなど状況によって赤ちゃんの布団を代用できるものがあります。

  • 長座布団 → 敷布団の代わりに(座布団の上にバスタオルを敷くとなおグッド!)
  • ガーゼケット・タオルケット → 肌布団・掛け布団の代わりとして
  • バスタオル → 柔らかな素材でできているので掛け布団の代わりに

※ガーゼケットはオールシーズン使用できるため、ベビー寝具としてぜひおすすめしたいです。その理由は『ガーゼケットのメリットとは?』を、タオルケットもメリット・デメリットをご紹介します。詳しく知りたい方は『おすすめのタオルケットの素材』をご覧ください。

赤ちゃんを寝かせる布団と理想的な選び方とは!?

赤ちゃんの布団は基本的には大人の布団と同じですが、赤ちゃんが使うため素材や作り方には工夫されています。赤ちゃんの場合、布団には寝心地だけでなく、前述した安全面が求められますので、なるべく慎重に選んであげてください。
それでは、ベビー布団を選ぶ上で気をつけたい5つのポイントを具体的に説明していきましょう。

1.適度に硬さのある布団を選ぶ!
赤ちゃん用の敷き布団を選ぶ時は、絶対に柔らかすぎる材質を避けてください。特に柔らかくて厚みのある布団はNGです。
これだけ聞くと“赤ちゃんにはフワフワの布団が良さそうなのに…”という意見が出るかもしれませんが、それは間違いです。赤ちゃんの骨はまだ柔らかく、関節も未発達のため、敷布団が柔らかいと体が沈んでしまいます。その影響で背中がゆがんだり、関節が不自然な形になったりなど、体の発達を妨げてしまう恐れがあります。また、生まれたばかりの赤ちゃんは自分で寝返りや首を左右に動かすことができません。柔らかい布団であれば赤ちゃんの重みで沈み、柔らかくて厚い布団では口や鼻が塞がれてしまい、呼吸困難を起こす可能性があるからです。
その点、適度に硬い布団なら、顔が沈みこまず鼻、口と敷き布団の間に隙間が出来るので、呼吸できるだけスペースが確保されます。これは安全面の問題なので、できる限り注意するようにしてください。
2.掛け布団は通気性(吸湿性と保湿性)があるものを
赤ちゃんは代謝が悪く汗もかきやすいため、体に熱がこもりやすく、体温もすぐに上がってしまいがち。大人と違って体温調節をうまくコントロールできません。汗が寝具に残ると体温が下がりやすくなり、寝冷えになる原因にも。布団の保温性も大切ですが、汗を吸いとる「吸湿性」と汗をしっかり逃がす「保湿性」は欠かせませんね。
3.掛け布団の素材は羽毛かポリエステルがおすすめ
掛け布団を選ぶ際には、蒸れない、肌にやさしい、洗える、この3つを抑えておきましょう。
赤ちゃんの掛け布団は、軽くて保温性や吸・保湿性がよく、洗濯できるものがよいでしょう。3つの機能を持ち合わせた掛け布団は難しいため、それぞれの特徴を活かしながら使用してみてください。
ここでおすすめしたい掛け布団の素材は2種類あります。

  • 羽毛は吸湿性があり蒸れにくく、軽くて温かいのが特徴
  • ポリエステルは安価でお手入れが楽なのが特徴。自宅で洗濯できるものもありますので、よく布団を汚す場合は手軽で便利です。

ちなみに掛け布団のサイズは、レギュラーサイズとミニサイズがあります。

  • レギュラーサイズ(内寸法 70×120cm)
  • ミニサイズ(内寸法60×90cm)

※( )内はベビーベッドのサイズに合わせています

レギュラーサイズだと最初は大きいと感じるかもしれませんが、赤ちゃんの成長は早いため長い期間使用できると思います。ミニサイズは使える期間が短いですが、赤ちゃんが大きくなってくると家族の布団で一緒に寝ることが多くなることを考えるとミニサイズはおすすめですね。

4.アレルゲンを吸い寄せる材質を避ける!
赤ちゃん布団を買う時に注意したいことの1つに、ハウスダストなどのアレルゲンを吸い寄せない布団を選ぶこと…というのがあります。
ホコリで喉が不快だったり、肌がかゆかったりしても、赤ちゃんは言葉で訴えることができません。予め、ホコリなどのアレルゲンを寄せ付ける化学繊維の布団などは避けてあげるほうが良いでしょう。
また、アレルゲンの種類やもし接触した時の布団から除去する方法などをご紹介します。詳しくは『アレルゲンには3つの種類がある!?』をご覧ください。
5.体圧分散力の高い凹凸形状の布団!
体重を分散して全体で受け止めてくれる敷き布団の中に、凹凸型の中綿を用いた布団があるのをご存じでしょうか。この形状だと、特定の箇所に体重が掛からないので、蒸れにくく、肌が強く布団に押しつけられることも少なくなります。
赤ちゃんは自分の力で寝返りをうつことが難しいですから、蒸れて痒みが生じたり、肌に圧力がかかって床ずれのようになっても、自力で解決することが出来ません。
予め、そういったリスクを減らす凹凸型の敷き布団を使っておいたほうが安心でしょう。
※体圧分散力の働きについてもっと詳しく知りたい方は『体圧分散敷布団と寝姿勢の関係』をご覧ください。

以上から、赤ちゃんの布団には“硬めの敷き布団”“ハウスダストを寄せ付けない”そして“凹凸型の中綿”という3要素を満たしたものを選ぶのがオススメです。是非、安全面、機能面に優れた布団で、健やかに育ててあげてください。

ベビー布団のお手入れの仕方

赤ちゃんは大人より多くの汗をかくため、こまめに洗濯して清潔な状態を保ちましょう。
なお、ベビー布団は洗えないものもありますので、購入する際には必ず自宅で洗えるかどうかを確認しておくべきです。デザイン(見た目のかわいらしさ)に惹かれて購入しても、タグを見たら「失敗したー!」という経験、ありませんか?

【まとめ】布団は安全面を考えて適度な硬さの凹凸形状!

赤ちゃんの寝具選びは、安全面を第一に考えることが大切です。
そのためには下記をポイントとして覚えておいてください。

  • 敷布団は適度な硬さ(背骨をしっかりサポートできる)、体圧分散力が高い
  • 掛け布団は吸湿性と保湿性など通気性がある
  • 掛け布団の素材は羽毛かポリエステルがおすすめ
  • アレルゲン防止のため、なるべく化学繊維の布団は避ける
  • お手入れはこまめに洗濯して清潔にする

敷布団の適度な硬さにこだわるのは、柔らかい布団で赤ちゃんの顔や体が沈みこんで、呼吸できない状態を防ぐためです。なので、凹凸型の中綿を入れた布団をおすすめします。何かの拍子でうつぶせになって顔が多少埋まったとしても、凹凸の隙間から呼吸することは可能です。
また、凹凸型の布団は肌の一部が強く押しつけられたりすることがないので、自力で寝返りができない赤ちゃんでも特定の箇所が蒸れて赤くなったり、床ずれのようになったりする心配が少ないはずです。

以上のように、赤ちゃんの睡眠を安全面から考え、素材・機能性を調べてベビー布団を選びましょう。

ピックアップ>>>赤ちゃんにピッタリの寝具を機能面から探す!